有害物質SOS
京都カナリヤ会・・・有害物質による健康被害者の支援と予防活動を推進する市民の会
設立の趣旨および活動の方針

設立趣旨

2007年5月19日〜27日、京都市でレイチエル・カーソンの生誕100年記念行事が開催されました。 化学物質による環境汚染を警告した『沈黙の春』をはじめとする著書の紹介とその業績に学ぶ会場には多くの人々が集いました。

初日の終了時には参加者によるテレビ報道の録画「カナリヤの子どもたち」の話題から、農薬散布とその被害に苦しむ子どもたちの実態を語り、 「今こそレイチエルの遺志を継ぐ時」との危機感を共有しました。 その中から、このたび有害物質による環境汚染の危機を広く知らせ、被害者の支援と予防活動を目指す会の設立準備会を発足することになりました。

その主旨は、
現代の環境汚染が化学物質、重金属、原子力へと拡大する中で、生活現場の汚染により 安息を奪われ、日々苦痛に襲われている発症者の証言を受けて、健康被害の要因究明に 関わり、組織・集団・社会に危機を報知することです。 関連する専門家の協力を得て、有害物質の影響が人と生態系への生命の問題に至る知識を深め、実態の調査研究に基づいた予防活動を目指します。

 会則はこちら

活動方針

有害物質による健康被害者の支援と予防活動 (ボランテイアによる非営利活動とする)

「有害化学物質」「重金属」「受動喫煙」「電磁波」等の暴露・吸収による健康被害の社会的認知度を高めること。 家族や学校、職場、住組織、公的施設、 医療機関や行政に症状発生についての理解と危機への注意喚起を働きかける。

予防原則に基づいた汚染被害の予防啓発活動をする。 発症者が被ってきた経緯と現状の困惑実態の記録を集握し、これを活動の原点とする。
(発症者の証言は、被害の軽減と解決に向けた予防活動の貴重な資料として)

安心して生息できる環境の実現に向け、「専門家の支援による現場査察」、「汚染発生源の特定および軽減への支援活動」、 「カウンセリング」 、「安息可能な施設や汚染被害の防御具品の開拓」、「会員の交流」、「会報などによる情報交換」、を行う。

代替品の提案・要望等により原因となる有害物質を削減する社会環境への改善を促す。

関連専門家への依頼や支援のネットワークを構築する。

「暮らしの中の有害物質」「空気・水・土を汚さない」「環境汚染と生命について」等のセミナー開催、を実施する。

かけがえのない自然と環境に育まれる地球上の命を守る活動の輪に、賛同と参加を募ります。
2007年11月21日
設立準備会世話人代表  広瀬 晴美

footer