2011年8月アーカイブ

「茶のしずく石鹸」被害110番

|

茶のしずく石鹸:アレルギー被害110番 

京都弁護士会、30日に電話相談 /京都   

2011年8月28日  毎日新聞 

 通信販売の人気商品「茶のしずく石鹸(せっけん)」(10年12月7日以前の販売分)を使ってアレルギーを訴える被害が相次いでいるとして、京都弁護士会は30日、電話相談「茶のしずく石鹸アレルギー被害110番」を実施する。東京や大阪では弁護団が結成され、京都弁護士会も「実情を把握し予防や救済を考えたい。使用で異変を感じた人は連絡を」と呼び掛けている。

 同品は小麦を加水分解した成分を含む。国民生活センターによると、使用者の間に湿疹(しっしん)や、重度の全身アレルギー反応の一つ「アナフィラキシー」発症の例が出ており、今月25日現在で1240件の相談が寄せられているという。

電話相談では弁護士が使用状況や治療経過などを聞き取る。電話番号は075・231・2500、午前10時から午後4時まで、相談無料。【成田有佳】


拡大する「茶のしずく石鹸」アレルギー被害 
重症例も相次ぎ集団訴訟の動き
2011.8.14 産経ニュース

 「美肌効果がある」として通信販売で大ヒットした「茶のしずく石(せっ)鹸(けん)」をめぐり、昨年までの商品に含まれていた小麦由来成分によるアレルギー被害が拡大している。販売元の「悠香(ゆうか)」(福岡県大野城市)が5月に自主回収を始めてから、全国の消費生活センターに寄せられた被害相談は400件を超え、重症例も相次いだ。同社の注意喚起が不十分との指摘もあり、大阪などでは被害対策弁護団が発足、集団訴訟も視野に実態調査に乗り出した。

一時意識不明も
 厚生労働省によると、原因物質の可能性があるのは、茶のしずく石鹸に含まれていた保湿成分「グルパール19S」。小麦に酸を加えた「加水分解小麦」と呼ばれる原料の一種だ。
 グルパールは他の加水分解小麦と比べ分子サイズが大きいといわれる。サイズの大きい物質のほうが免疫反応を引き起こしやすいため、利用者の皮膚などから体内に吸収された際に小麦アレルギーを誘発。その後、パンやうどん、パスタなどの小麦製品を食べると、アレルギー症状が出るようになったとみられている。

 国民生活センターなどによると、茶のしずく石鹸によるアレルギー症状には顔や目の回りのかぶれといった皮膚障害のほか、全身のかゆみや呼吸困難など、重篤な症状となるケースも少なくない。兵庫県赤穂市の女性が重体になるなど、急性アレルギー反応(アナフィラキシー)を発症して一時意識不明になった人も複数いるという。

【用語解説】茶のしずく石鹸 悠香が奈良県内の業者に製造を委託し、販売している石鹸。茶葉から抽出したカテキン成分などを配合し、シミや美白に効果があるとされる。60グラムで1個1980円と高価だが、累計で約5千万個を販売する大ヒットを記録した。



   
  茶のしずく石鹸」で相談650件=アレルギー、呼吸困難も
               ―国民生活センター

2011年7月14日 朝日新聞
 小麦の加水分解成分が含まれていた「茶のしずく石鹸(せっけん)」の使用者に、急性アレルギー症状が相次いだ問題で、国民生活センターは14日、アナフィラキシーショックで呼吸困難になるなど、これまでに約650件の相談が寄せられたと発表した。

 製造販売元の悠香(福岡県大野城市)は既に、同成分を含まない製品に切り替えており、昨年12月7日以前に販売された切り替え前の製品の自主回収を進めている。しかし販売総数が約4650万個と多く、同センターは周知徹底のため改めて注意を呼び掛けた。

 国立病院機構相模原病院臨床研究センターの福冨友馬医師は「アレルギー体質のない健康な人が問題のせっけんを使用したため、新たに小麦アレルギーを発症してしまう」との見解を同センターに寄せた。

 同センターによると、10日現在までの相談は約650件。このうち体に被害を受けたとする訴えは約250件で、被害者の2割は全身性アレルギーを発症。治療期間1カ月以上も被害者の4分の1近くに上ったという。 [時事通信社]

京都ガーデンホテルを訪ねて

|

816日、京都ガーデンホテルの屋上から「大文字送り火」を拝観

 

宿泊客の皆さんが対象の観賞会に飛び入りで参加させて頂きました。

11階の屋上から五山のうち一つだけが向かいのビルに隠れて見えないのですと専務が説明して下さいました。

 

8時、最初に「大」の字の送り火が灯ると歓声が上がりました。少し斜めですが、しっかり大きく見えました。

先祖を送る伝統行事の厳かな灯を眺め、東日本大震災と津波にさらわれた方々の霊を送る思いで拝みました。

 

  s-ガーデンホテル.jpg  s-大文字.jpg    


京都ガーデンホテルは、昨年秋、当会の「きれいな空気の施設」に認証後、

会員ほか関係者の宿泊で、よく出入りさせて頂いています。

その宿泊者からの声に素早く対処されていて、益々、快適な施設になりました。

会報7号にも寄稿を頂きましたとおり「京のもてなしはきれいな空気で」を実践するために、全館全室を禁煙にして3年目を更新しています。

 

今年、3月には1階洗面所の香料放散機器を取り外し、ゲート際に残していた煙草の吸い殻入れスタンドも4月1日から撤去していました。

そして、以前にも増して、四季の花々を見事に咲かせて迎えて下さる風景は、ドイツのハイデルベルグを訪ねて滞在したプチホテルを思い出します。

社長とご子息の専務が一生懸命に取り組む姿は、フロントのスタッフの

対応にもにじみ出ています。

併設の中華レストランも私たちにとっては数少ない安息できる場所です。

 

しかし、中には、禁煙施設と説明の上での予約も、宿泊室内で喫煙する人がいて、せっかくの全館禁煙ホテルもその対策に困惑されています。

   

レストランの向かいに小さな会議室があり、京都禁煙研究会は、会議や集会の時に、貸し切り予約で会議と食事をするそうです。

私たちは、このような施設が増えてほしいと願っていますので、とても嬉しいことです。

受動喫煙防止対策-研究成果発表会

|

産業医科大学教授で厚生労働科学研究班主任研究員の大和 浩先生から、

受動喫煙防止対策研究成果の発表と条例に関するシンポジウム開催の案内を頂きました。(下記のとおり)

受動喫煙と健康影響の実態をデータで実証する調査研究の解説と、全国に先駆けて条例を施行し1年を経過した神奈川県の現状と問題点、これに続く兵庫県の取り組みを神戸市で開催するお知らせです。

 

参加申し込みは、各自、氏名と住所、所属欄に京都カナリヤ会と記入の上、お送り下さい。先見の取組みに学ぶ機会です。

 

 

         平成23年度 厚生労働科学研究

 

「飲食店等多数の者が利用する施設における受動喫煙対策の実態及び課題に関する研究 成果発表会と条例に関するシンポジウム開催の案内

 

開催日時:平成23923日(金・祝)

場  所:兵庫県医師会館 (三ノ宮駅から徒歩数分)

651-8555兵庫県神戸市中央区磯上通6丁目111

 TEL.078-231-4114

対  :: 全国主要121地方自治体、タバコ対策担当者、マスコミ担当者、

    医療関係者、一般市民

主  催:平成23年度厚生労働科学研究

      (主任研究員 大和 浩 産業医科大学 教授)

後  援:兵庫県、兵庫県医師会

    

参  加:無料  但し、事前に申し込み(先着200名)下記の要領にて。

 

●申込方法:研究班のホームページをご覧下さい。

      http://www.tobacco-control.jp/

●電子メールの場合は、担当(尾前:otomo@med.uoeh-u.ac.jp)に氏名と所属、居住地(都道府県名)を連絡して下さい。

FAXの場合は、申込用紙をダウンロードの上、

 事務局FAX: 093-602-6395 begin_of_the_skype_highlighting            093-602-6395      end_of_the_skype_highlighting まで。

 

  詳細は 研究班HPにてhttp://www.tobacco-control.jp/

 

  産業医科大学 産業生態科学研究所 健康開発科学研究室 大和 浩

  http://www.uoeh-u.ac.jp/kouza/kenko/intro_j.html
 〒807-8555
 北九州市八幡西区医生ヶ丘1
 
電話:093-691-7473 begin_of_the_skype_highlighting            093-691-7473      end_of_the_skype_highlightingFAX093-602-6395 begin_of_the_skype_highlighting            093-602-6395      end_of_the_skype_highlighting

 

京都府における受動喫煙防止条例の制定を要請する署名活動に御協力を御願いします。  http://www.keiseikai.net/kinen_form/index.php 
社会全体の喫煙対策:http://www.tobacco-control.jp/ 
職域の喫煙対策、ホルムアルデヒド対策:http://tenji.med.uoeh-u.ac.jp/ 
禁煙レストラン検索サイト:http://www.kinen-style.com/