2013年4月アーカイブ

会費・寄付金の振込口座

|

 

 年度始めにお問合せを頂きますのでお知らせします。

 (今年度から年会費は1,000円と会則で変更しています)

 

会費・寄付金の振り込み口座

郵便振替口座( 記号00950-7-206972 )「京都カナリヤ会」宛

 

今年度の計画について

|

  事業報告書と今年度の計画書を送付しました。

 

 今年度の総会開催について、

会員の皆様からの意見を集約し役員会で審議の上、今年度は書面にて

事業報告と次年度計画、並びに会則をお届けすることに決定しました。

ご希望によりいつでも臨時総会を開催いたします。

 今年度もよろしくお願いします。

 

早速ですが、学習案内として下記の冊子と会誌を同封しています。

 

1.「放射能の影響とこれからのこと」を学ぶ冊子、アヒンサー4

    ~未来に続くいのちのために原発はいらない~

 

2.会報10号で紹介の「良い食品づくりの会」会誌

 

 

学習図書のご案内

|

東京大学大学院の山室真澄教授が新刊 『貧酸素水塊 -現状と対策-』 を上梓されま

した。

一昨年11月、当会のラジオ講座で山室教授にお話を頂きました「水から環境を考える」内容を更に詳しく学ぶ学習書としてご案内します。

 

 *貧酸素水塊とは、海洋、湖沼等の閉鎖系水域で、魚介類が生存できないくらいに

   溶存酸素濃度が低下した水の塊のことをいう。

 

発売前から、Amazon ベストセラー商品ランキングの「水質汚濁」で2位から14位辺りに

出ているということは、私たちの命を繋ぐ「水」への関心の高さが考えられます。

 

山室教授のブログ「Limnology 水から環境を考える」2013-04-09より、

交通事故のおかげで出版まで10年以上かかってしまいましたが、水環境分野では

故・西條八束先生に出版を勧められた頃よりもさらに、貧酸素問題が深刻になって

います。 

 

内容紹介、並びに515日まで出版社に注文すると発売記念特価2,500円(税込・送料込)で購入も可能という案内など、詳細は下記にてご覧下さい。

http://d.hatena.ne.jp/Limnology/20130409

Limnology 水から環境を考える2013-04-09

 

新刊のご案内 

『貧酸素水塊 -現状と対策-』 

山室真澄・石飛裕・中田喜三郎・中村由行:著

ISBN978-4-915342-68-4236ページ(モノクロ)

定価 本体2,800円(税別)

 

【内容紹介】

 淡水域か海域であるかを問わず,日本の多くの閉鎖性水域で貧酸素水塊が発生している。

貧酸素水塊の大部分は人の活動による富栄養化に起因するが,地形的・水文学的な要因により貧酸素水塊が自然に生じている水域や,逆に人為的な改変がきっかけで解消した事例も存在する。本書はこのように多様な事例をもつ貧酸素水塊について,いつから,どのような原因で発生し,どのような被害が生じたのかを整理した初めての成書である。貧酸素水塊が形成されている日本各地での具体的な事例を紹介し,対策技術別の実施例や実施後の状況をまとめ,水環境に関心をもつ一般市民や環境系の専門家・学生だけでなく,自治体関係者・工学関係者・コンサルタント業界といった施策側に立つ者にも有用な情報を提供することをめざした。

 

 

役員会にて

|

 

 328日、平成24年度第5回目の役員会を開催しました。

 

次年度の事業運営について、会員の皆さまには1月の会報送付時に同封いたしました

意見書にて回答を頂き、集約した内容を役員が検討・審議しました。

 

その結果、今年度は例年4月の総会は開催せず、

期末の会計収支報告と次年度計画を書面にてお知らせすることになりました。

 420日頃にはご案内の予定です。

ご意見等、ございましたらお知らせ下さいますようお待ちしています。

 

今年度も、役員会は世話人宅で開催のご厚意に与りました。

多忙の中から時間を割いて頂いて、静かな環境のエコ住宅で美味しいお茶とお菓子を

頂きながら、情報交換と事業の運営検討を進めることができました。

 

更に、子育て中の世話人が同伴する生後3カ月からの赤ちゃんの成長と、小学生、中学生の子どもさんたちの溢れる笑顔に出会えた感動が活動の原動力となりました。

 

「この子たちが安心して暮らせる社会環境を!

 空気汚染を察知する私たちが提言していかなければ

 

皆さまの更なる支援と参加をお願いいたします。

 

 

 

京都カナリヤ会

京都カナリヤ会のWebサイト