2015年7月アーカイブ

会報15号を発行しました

|

発送直前に訂正の連絡が入って少し遅れましたが、

下記の内容でお届けしています。

読後の感想、意見などお待ちしています。


 会報15号 目次

1.         活動報告         

1.1       実態調査(大気汚染と室内空気汚染の健康被害)

1.2       要望書提出

2. 特集 蓄積する複合汚染物質と見えない人権侵害―次世代へのリスクを考える 

2.1.  特別寄稿  「環境正義と平和」~公害・環境問題に内在する構造的暴力

                      とは~長崎大学環境科学部教員  戸田 清

2.2.   特別寄稿   化学物質過敏症-訴訟をめぐる問題点

都留文科大学社会学科(環境法) 講師 小島 恵 

2.3.      特別報告  空気汚染公害の発見と救済への道

1) クボタ・ショックから10年!「アスベスト被害の救済と根絶をめざす尼崎集会」

2) 瀬戸内の大気汚染と離島の生活環境・健康影響  

3) 京都弁護士会-公害環境委員会-化学物質問題部会へ提言

3.         ネットワーク紹介

3.1. 特定非営利活動法人 ふぁるま・ねっと・みやぎ     理事長  戸田 紘子  

3.2. セルフメディケーションのための「医薬品・食品情報とのつきあい方」         

3.3. 「すこやかに生きるこつ ~食事・禁煙・AED~」  とげぬき地蔵高岩寺住職・

                                      医師 来馬明規 師

4.    カナリヤの学習録          

4.1. 化学物質による症状の発生要因と実態調査からの知見

4.2. 津田敏秀(岡山大学)教授の疫学に学ぶ調査の方法

4.3. 生活環境の空気汚染と健康影響―実態調査から市民の疫学へ

5.    新たなシックハウスの問題          

5.1. 空気汚染「公害と私害」の発生ー生活妨害-人格権の侵害-平穏生活権を

                                 保護する差し止め請求権

5.2. 判例 「隣室の猫飼育クレゾールで化学物質過敏症」 

6.    会員便り          

6.1. 職場の受動喫煙8年―心筋梗塞手術で身体障害者1級に

6.2. 世界禁煙デーに参加しました

6.3. 子宮頸がんワクチン使用の副作用で脳障害の原因

6.4. 今日もまた、隣で農薬散布

6.5. 安心できる虫よけ・蚊取り剤を教えて下さい

7.    化学物質問題  

7.1. 低用量複合暴露の危険性  世界の科学者調査チーム

7.2. 身近で揮散している重金属化合物の毒性について

7.3. 食品添加物、残留農薬...体内で相乗毒性、人体に異常起こす可能性

8.    タバコ問題       

8.1. 「保健医療2035提言書」と「たばこフリー」社会の実現

8.2. 喫煙による超過死亡数と予防対策

8.3. 「タバコが犯罪になる日」―                                                                    「タバコフリー社会の実現」 は、タバコ規制法の制定によって達成される。

8.4. タバコ問題情報

9.    原発/放射能問題        

9.1. 大飯原発が事故を起こすと放射能汚染は近畿に拡散

9.2. 原発事故から4年、放射能は300年消えず、「食品汚染の今」  

10.   医療・社会問題 

10.1. 高齢者は使用中止を 副作用多い薬50種公表

10.2. 抗不安薬や睡眠薬で急性薬物中毒、4割は医師の過剰処方 

11.       国家への危害を断罪した司法の力と法学者の正義

11.1. 歴史に刻む名判決 福井地裁 『大飯原発運転差し止め判決』

11.2. 「安保法制は憲法違反」と警告した憲法学者の正義

12.       カナリヤの視点  

13.       お知らせ           


京都カナリヤ会

京都カナリヤ会のWebサイト