2016年1月アーカイブ

2月1日 NHKあさイチのお知らせ

|
当会の会報9号に寄稿して戴き、お世話になっています
JT受動喫煙被害訴訟弁護団-団長の岡本光樹 弁護士が出演されます。

今回は、騒音問題がメインテーマですが、柔軟剤とCSやタバコベランダ喫煙に
ついても多少言及があります。短時間でどこまで発言できるか分かりませんが、
と、昨日、当会から相談の件にも通じる内容をお知らせ下さいました。

やっぱり、困っておられる方が多いことが解りました。
是非、ご覧になって当会にご意見をお寄せ下されば幸いです。

内容:NHKサイトより
NHKの案内 放送予定 :2月1日(月) NHKあさイチ 8:15~9:54
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2016/02/01/01.html

メインテーマ:悩んでいます でも言えません・・・"ご近所トラブル"

「たばこの煙」や「ペットの鳴き声」などの「ご近所とのささいなトラブル」。あさイチでお伝えしたところ、ファックスが殺到、アンケート数は合計で3500通を超えました。そこからは、ありとあらゆる「ご近所トラブル」の実態が。寄せられた声を分析してみると、トラブルの原因第一位は「音」。ある女性は隣の夫婦が大声で歌う「演歌」に6年以上悩まされ、罵り合いの大げんかまで発展してしまったと言います。さらに「におい」。40代の女性は隣家の柔軟剤のにおいでアレルギー体質となったのか、日々頭痛に悩まされようになってしまいました。一方で、クレームを厳しく受けることで、精神的にまいってしまう人もでています。番組では、ご近所トラブルのケースを細かく分析しながら、専門家も交えて、どうしたらいいのか考えます。

会報16号を発行しました。

|

発送が少し遅れましたが、間もなくお手元に届く予定です。

今号は、増え続ける「がん」の要因を考えるテーマとしました。タバコ特異の発がん物質、大気汚染物質と食物との相乗作用による発がん物質の生成源について、その構造的要因と過去の公害対策にも学ぶ内容で掲載しています。これらを含む環境汚染物質の人への影響について、環境毒性学第一人者の研究者に寄稿願いました。

来月末にはウェブサイト版で掲載しますが、目次にて内容をご案内します。

会報16号

目 次

1. 活動報告     

1.1実態調査(大気汚染と室内空気汚染の健康被害)

1.2要望書提出

2. 特集 蓄積する複合汚染物質と見えない人権侵害――次世代へのリスクを考える      

2.1.特別寄稿 『環境化学物質の毒性とその評価・・・こどもの健康を守ることができるか?』

                                       HESTIC主幹 遠山千春  東京大学名誉教授(医学博士)

2.2.特別寄稿 『いのちと汚染と重金属 〜 忘れられる地上最大の汚染〜』 

                                               東京農工大学大学院農学研究院 准教授 渡邉 泉

2.3. 報告  タバコ成分と大気汚染物質の相乗作用

1) タバコフリー学会第4回学術大会に招かれ発表した複合被曝の実態と提言(抄録)

2) 臨海工業地帯の大気とタバコの健康影響

3) 受動喫煙疾患の傷病名登録申請/ 「21世紀の環境難民」の実態調査団体への報告

3. ネットワーク紹介         

      「住民運動の原点-公害から甲子園浜の海を守った母親たちの力」

                   NPO法人海浜の自然環境を守る会 理事 大幡矩子 氏

4. カナリヤの学習録       

4.1. 安保関連法案 可決・成立 / 立憲主義 「違憲」 警鐘  違憲訴訟原告団は750人規模か

4.2. 「がん」の発症要因と予防策 ― タバコ成分発がん物質と環境汚染物質

5.  新たなシックハウスの問題     

5.1. 隣室から侵入する有害ガスによる傷害―欠陥マンションの事実に管理責任の賠償命令 

5.2. 論文 『集合住宅における安全管理責任』 島根大学 松本浩平 著 2009-12より

5.3. 判例に学ぶ 「共同不法行為又は債務不履行(安全配慮義務違反)」

6.  会員便り    

6.1. 農薬と熱中症―その後遺症

6.2. 子どもの慢性疲労症候群

6.3. 化学物質のリスクを伝えるー意思疎通の事例

6.4. 喫煙する「禁煙タクシー」の運転手

6.5. 年末に隣家の外壁塗装で大慌て

7.  化学物質問題        

7.1. 農薬に含まれる界面活性剤の毒性

7.2. 肥料成分偽装、678銘柄-10年以上続く / 肥料偽装、補償額10億円超の見込み

7.3. 本庄のタンク破裂事故NOx含む有毒ガス発生か / 化学工場で爆発・破裂など死亡事故相次ぐ                                                                                                    

7.4. ぼうこうがん5人発症、福井の染料・顔料の原料製造工場 「4年前から要求無視」

7.5. 京都御苑近くの高校敷地に基準超すヒ素

7.6. 消毒スプレーは危険!かえって菌侵入や皮膚炎、生体防御機能を殺す恐れ

8. タバコ問題   

8.1. リスク要因別死因の第 1 位は喫煙

8.2. 受動喫煙防止、法制化へ=罰則規定先送り

8.3. 校内で喫煙 教員ら119人処分 / <ぼや>教頭らの喫煙が原因...全面禁煙の校内で

8.4. 電子タバコの健康リスクが明らかに / 電子タバコに「発がん性物質含まれる」

8.5. <新型タバコ>路上禁煙条例―各自治体で対応が分かれる

8.6. 薬用吸煙剤ネオシーダーの有害成分検出 重金属や発がん物質

9. 原発/放射能 問題   

9.1. 規制委が勧告 日本原子力研究機構に「技術能力なし」

9.2. 原発作業員のがん死亡リスク増加 福島原発「白血病」労災認定の波紋 海外で注目

9.3. 福島第1放射能濃度、急上昇=井戸の地下水 / 地下トンネルで放射能濃度上昇 =4000倍       

9.4. 「原発ゼロで経済成長」

10. 医療・社会問題       

10.1 大麻汚染、若年層に広がる <小6大麻問題>17歳兄の部屋から大麻草

10.2. 小学校いじめ最多12万件/ 小学校の暴力、過去最多/ 不登校が2年連続増加

10.3. 「子どもの脳からのSOS」 NHK / 3歳児の7%が睡眠不足 発育への悪影響懸念

10.4.  193校で石綿含む断熱材劣化、吸い込むおそれ

10.5. 予算案、総額は96・7兆円 過去最大-先進国最悪 / 「国の借金、戦前と同水準に」

10.6. 化血研 血液製剤 不正ただす機会3回ありながら 組織ぐるみの隠蔽継続40年

10.7. 在宅医療の高齢者半数に「不適切」薬...副作用も

11. 日本で初めて公害事件の刑事責任を追及した正義の「公害Gメン」          

11.1. 四日市・死の海を救った海上保安官 故 田尻 宗昭 氏 に学ぶ

11.2. 田尻 宗昭 氏 の偉大な功績と行動力

12. カナリヤの視点       

13. お知らせ 



<2016> 年のはじめに

|
あけましておめでとうございます。

昨年は、各地で地震、風水害、火山噴火など自然災害が多発しました。
被災された方々、そして人災-空気汚染に喘ぐ人々も無事に新年をお迎えでしょうか。

正月三が日は更に異常気象を感じる春の陽気でしたが、分け隔てなく暖かく降り注ぎました。 しかし、この先は寒くなる予報です。

昨年は、日本の国是の根幹を揺るがす政治の動きと国際情勢など、大きな問題が身近に迫ってきました。
それは、安息できる居場所さえ儘ならない空気弱者にとっても厳しい兆しです。
地域も企業も官・民の組織集団も日本の社会構造全体に無規範(偽装・隠匿)、弱肉強食(いじめ)など逸脱と排除が横行する混迷の時に在ることを知り、「私たちにできることは何か」を考え行動する重要な年でもあります。

「京都カナリヤ会」は、今年3月に設立から9年目を迎えます。

これまで、ご理解・ご支援を戴きました皆様に感謝し、今後も空気汚染物質の健康被害について実態調査を進め、安心して呼吸ができる生活環境の保全を求めて真実の声を伝えてまいります。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

京都カナリヤ会

京都カナリヤ会のWebサイト

月別 アーカイブ