2017年6月アーカイブ

がんと炎症・代謝研究会 学会に参加

|

会報18号の特別インタビュー録でお世話になりました「からすま和田クリニック」の研究室からご案内をいただき、624日開催の「日本がんと炎症・代謝研究会」の第4回学術総会・講演会に参加しました。    

がん学会S.jpg

「日本がんと炎症・代謝研究会」は、炎症および生体の代謝について研究し、三大療法に加えて、新しい視点で診断と治療を更に進めるために20145月に設立。その趣旨は、「がんが住みやすい体・住みにくい体とは何か」を炎症と・代謝の面からみてがん治療を考え、腫瘍・炎症・代謝性疾患の治療法開発に向けた学術活動を推進すると掲げておられます。

今学会のメインテーマは、「生存学」と「データサイエンス」でした。          昨年の和田洋院長へのインタビュー記事で、「がんに罹患する人としない人」「罹患しても生存する人」の存在は、何が原因かと模索する当会からの質問にも繋がる内容に聴き入りました。       

医療現場からの膨大な情報と生活習慣(食品、運動等)の組み合わせによる「がん患者の長期生存は可能」であるとの仮説に基づき、臨床医学・健康科学・情報科学の合同研究が始まっている。ゲノム解析による遺伝子情報など、ビッグデータを用いた新時代の医科学が、がん治療に最適な医療を構築するための一助とする目的で進められていることが解りました。

 (日本がんと炎症・代謝研究会 第4回学術総会 プログラムは下記にて

http://www.scim.or.jp/wp/wpcontent/uploads/2017/05/2bc7ac3b63cd6b98c8201dd6552217a5.pdf

免疫療法の開発と共に、実臨床ビッグデータを用いた方法で「がん患者の余命予測」も可能になるという現在、77%の確率でがん患者の余命200日を予測できると聴いて、日頃、体内に取り込む空気と飲食、これらの代謝を促す運動と環境汚染への防備がいかに重要であるかと思い知りました。                

がんに負けない体を作るS.jpg

 代表理事 和田洋巳 先生の開会の挨拶と講演より

「がんと代謝そして炎症 『がん細胞の代謝』 pHipHe 視点から」

「がんは代謝疾患」 「ミトコンドリアが細胞に及ぼす影響」

ミトコンドリアの働きにより、エネルギー産生と同時に活性酸素の発生も起きている。がんの転移など悪性化にミトコンドリアが関与している。

がんが生命をおびやかす理由は、生命を維持するシステムを破壊するためです。私たちは、日々、食べたものからエネルギーを取り出し、不要となった老廃物を排泄するということを繰り返して生きている。がんは、この流れを止めてしまう。

がんは炎症によって進行する!!がんは炎症を好む。

からだの中で炎症が起きた部位には好中球やリンパ球などの炎症細胞が集まり、炎症を沈静化しようと働く。一般的に体内でどの程度炎症が起きているかは、血液検査の CRP という項目で判る。 

がんが進むと「好酸球が増え」「リンパ球が減少」 CRP  0.05 以下が望ましい。   血液データの目標   CRP 0.005/DL 以下                     白血球 5,0006,000/μL以上  好酸球・リンパ球 比(N/L比)1.5以下 

  (白血球の種類 : 好中球 好酸球・リンパ球・好塩基球・単球ほか)

「がん」に負けない「免疫力」を高めるために、食生活の改善が重要。がんが棲みにくい身体は、適切な食習慣・生活と、副作用の少ない治療から作ることができる。

 「がんは糖分で生きている」「がんは塩分を好む」

炎症を抑える食事に変えることから始める。具体的には、野菜・果物をしっかりとって、塩分、糖分、乳製品を控える。

食生活では、発がんに関わる5つの重要なファクターが確認されている。

ナトリウム(塩分)、ブドウ糖(必要量以上は癌細胞に流れ込み成長を促進)、乳製品に含まれるIGF-1(細胞分裂を増進)、脂肪酸合成酵素(癌は脂肪酸の9割以上を自前で合成する)、NF-kB(炎症を促進させる生理活性物質)に注意すること。果物類には炎症を抑える抗酸化物質や、脂肪酸合成酵素を抑えるトリテルペノイドが多く含まれ、ある種のハーブにはNF-kBを抑制するものが含まれている。

がん治療における食事の意義

体内をアルカリ性( pH7以上)に向ける食事療法が免疫力を高める。重曹、ビタミンCを摂取する療法で寛解に向かう患者がいる。尿の pH を高く保つ必要がある。

身体のpHレベルは全細胞に影響を及ぼす。脳、循環器系、消化器官、呼吸器官、神経、筋肉等々は、身体が酸性に偏るとバランスを崩し、癌などを引き起こす。体内をアルカリ性( pH7以上)に保つことで骨や筋肉を強くし、炎症や慢性の痛みを軽減する事ができ、心臓病、糖尿病、癌などの予防に繋がる。

 ビッグデータとゲノム解析により拓く予防医療

ALBLDH、NLRの3つの検査値で余命が予測できる。NLR(好中球・リンパ球比)が上昇すると死亡する。36万人のビッグデータから、死亡200日前にがん患者の体内測定値が大きく変化する分岐点があることを究明しているが、その確率は77%である。(23%の人が生き延びているということでしょうか)

タバコや農薬はじめ有害化学物質による健康障害は代謝機能障害と捉え、内部損傷・炎症を起こしている症状かと伝えてきた当会は、4年前に「生命活動の源となるミトコンドリアの酸化還元作用と、これを阻害する要因」をレイチエル・カーソンの「沈黙の春」ほか、生化学者ライナス・ポーリングの業績や「マクガバン報告」学んでいます。今回の医科学研究の取り組みに期待し、私たちに必需の内容をお知らせします。 

詳細は、紙面の「カナリヤの学習録」で案内しますが、既刊の会報もご覧ください。 

参考: ◆血液検査指標

NLR : 好中球・リンパ球比―NLRが高いー癌の増殖速く、癌免疫が低く予後不良

ALB : アルブミン-血液中に含まれているたんぱくの総称―下がると肝機能が低下

LDH : 乳酸脱水素酵素―急性肝炎や肝臓がん、心筋梗塞のときに著しく増加 

会報18号 P9~12 がん治療-最前線 「末期がん患者の長期生存例に学ぶ治療」 

  会報10号 P3637 「カナリヤの視点」ほか 会報14号P2427「カナリヤの学習録」


震度5強の長野地震~京都で震度2

|

今日の朝7時頃、寝床でユラユラと揺れを感じて、一瞬、地震かなと思いました。

昼のラジオで「長野県南部に地震発生」のニュースを聴いて解りました。

"625日午前72分、長野県南部を震源とする震度5強の地震があり、長野県のほか東海や北陸地方を中心に広い範囲で揺れた"との報道を聴いて、被災された方々の無事を祈りました。

しかし、京都でも同じ時刻に揺れを感じたのは、地震かどうか?

 tenki.jpで探して確かめると、京都市の上京区、中京区、下京区は「震度2」と出ていて、震度2の揺れの程度が解りました。しかし、グラグラと大きな揺れが来た時には、恐怖で動けないので、とっさの行動を訓練する必要があると改めて思いました。

この10年、地震を感じることがなかった京都で、昨秋に初めて揺れを感じました。

昨年の1021日、午後2時前から京都水族館の2階でベンチに腰掛けて昼食中、揺れを感じて、地震かなと言った時、同じベンチに掛けていた同行者は否定しました。暫くして、携帯に電源を入れて見ると、「14時07分鳥取県中部で震度6弱の地震発生」の速報が出ていて納得しました。

帰宅後、地震情報で確認すると、鳥取県から近畿、西部、九州、東海、関東の広範囲に震度が示されていました。京都府は震度3と震度2のレベル別に地域が出ていて、水族館の所在地である下京区は震2でした。

日常的にタバコほか有害物質に追われて敏くなった感受性は、地震の揺れにも繋がっているようです。

地震災害は、感度より先に予知力が備わればと思い巡る日に、災害時の避難所への要望未達が懸念されます。

 参考:地震情報入手先:日本気象協会 tenki.jp

http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20170625070221.html

(刻々と発生している全国の地震状況と過去の記録が地図表示と時系列データで案内)

地下鉄トイレにパラジクボール復活か

|

5月末、急に気温が上昇した日に、外出先からの移動に地下鉄を利用しました。改札を通ってトイレに向かうと、ヒリヒリ、ムカムカする空気に覆われて、トイ前に近づくと更に強い揮散ガスを被り、パラジクロロベンゼンと判りました。

引き返そうとして、しかし、パラジクボールを吊るしている現場を見なければと入って

527パラジクS.jpg確認すると、各室に1個と洗面化粧台下にも配備していて大量の揮散源が判りまし
た。瞬時に、眼、鼻、喉が痛く気分悪い頭痛が始まり、出てくると髪や衣類にも臭
パラジクボール3.jpg
気が移っていました。

改札に戻って、「トイレのパラジク剤は苦痛です。配備する必要がありますか」と職員に問いかけました。

「芳香剤ですよ」との応答に、「成分のパラジクロロベンゼンは発がん性が指摘されて20年近く、東京都はじめ関東では公共施設も電鉄も使用していない」と下記の説明を添えて撤去を願いました。                        

521パラジク2.jpg

"3年余り前に京都市交通局長あて書面で要望しています。

パラジクボールをトイレに1個つるしただけで濃度指針値を超える高濃度で80メートル先まで揮散しているとの実験結果も伝えています。少しずつ撤去されたと思っていましたが、復活したのでしょうか。この気温上昇では特に注意が必要です。"

その後、6月も複数の地下鉄駅でパラジクボールの揮散を被りました。トイレ各室に吊るしたパラジクボールは高濃度で広がり、改札に立つ職員も行き交う多数の人々も、発がん物質を吸い込んでいるのです。

トイレパラジク2.jpgその都度、改札で説明の上、撤去をお願いして回って帰宅すると、

自宅も室内にパラジクトイレ剤臭が蔓延していました。窓を開け放して扇風機をまわしてもタバコとパラジクの中で、吐き気する頭痛、眼と肺、喉、咽頭痛に始まる苦痛と空気汚染は消えず。これが日常的であるからこそ、感度が高くなり、外出先でも同類の物質に耐え難くなるのです。

◆参考:パラジクトイレ剤の毒性及び危険性について 

労働省発信 #96-11―パラジクロロベンゼンら4物質の発ガン性が判明、

199611月、労働省は「酢酸ビニル等4物質にかかるがん原性試験の結果」を発表。特に、トイレボールや衣料用防虫剤として身近に大量に使われているパラジク剤に発ガン性があると報告されています。

また、当時の横浜国立大学の実験結果より、140gのパラジクトイレボールをトイレに1個つるしたところ、その日のトイレ内の検出値が1955ppb指針値の50倍近い数値)であり、パラジクロロベンゼンが隣の部屋・離れた部屋・玄関、そしてご近所80m先まで広がる結果が出ています。

  【パラジクロロベンゼン室内濃度指針値:240μgm30.04ppm)】

*住宅、公共施設に於いても毒性が指摘された消臭剤のトイレボールを使用しない運動は東京都ほか関東では15年前から始まり周知されています。

受動喫煙防止対策の放置は人命軽視

|

受動喫煙防止強化対策の厚労省案の成立を願って、会員ほか交流団体の皆様に署名のご支援を戴きありがとうございました。

残念ながら、今国会は厚労省と自民党の溝が埋まらず、改正案は提出もされずに閉会しました。

受動喫煙による疾患と死亡は明らかにされ、世界中の国がタバコ規制に取り組んでいる中で、またもや放置されたのです。

 今回、お願いしました禁煙学会の署名活動は修了していますが、ネット署名の「#たばこ煙害死なくそう」https://www.nomoresmoke2017.com/ は継続しています。

今後も引き続き規正法の成立を願って拡散を期待しています。

参考:各紙の報道より

受動喫煙:対策強化は放置 法改正案、提出もされず

2017616日 毎日新聞

16日で事実上閉会した通常国会に、健康増進法の改正案は提出されず、年約1万5000人が亡くなる要因とされる受動喫煙の対策強化は放置された。塩崎恭久厚生労働相は16日の閣議後記者会見で「自民党側と誠意を持って今後も協議を続ける」と次期国会での法改正に意欲を示したが、自民党との溝は深い。2020年東京五輪・パラリンピックまで時間も限られる中、実効性ある策を示すのは簡単ではない。https://mainichi.jp/articles/20170617/k00/00m/040/135000c

受動喫煙対策、法案提出先送りへ 自民、都議選前を回避

201766日 朝日新聞

受動喫煙防止/先送りでけむに巻くのか

2017/06/24 神戸新聞NEXT|社説

「受動喫煙対策」主要各党、そろって公約に 東京都議選

2017519日 朝日新聞

受動喫煙法案先送り「健康守る」決意ないのか

201768日 琉球新聞<社説>

住宅居住のリスク~アスベストとタバコ

|

昨年7月の当会ブログでも「タバコとアスベストで肺がんリスク54倍」を掲載しています。今後の「新たなシックハウス」問題として、危惧される老朽建築・住宅から既に飛散し、取り壊しによって、更にアスベストの飛散が見込まれる状況下で、喫煙、受動喫煙との相乗作用の危険性をお伝えしていますが、 

 アスベストを使用した住宅の問題について、NHKが調査した結果を612日の  NHKニュースで下記のように報じています。

過去にアスベスト使用の公営住宅は全国に2万2000戸以上、

アスベストを吸いこんだ可能性のある人は、23万人余りに上る。

以下、 NHKニュースより抜粋転載でお知らせします。

 この調査は、NHKと「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」が行ったもので、聞き取りや情報開示請求を通じて、国や全国の自治体が保管していた公営住宅の管理台帳などを詳しく分析した結果、肺がんや中皮腫などの深刻な健康被害を引き起こすアスベストが過去に使われていた公営住宅が、全国で少なくとも2万2000戸に上ることが初めて明らかになった。

しかし、この調査では、国はアスベストが使われた公営住宅の件数などしか把握していなかったほか、都道府県や市区町村も、一部を除いて住宅の名前や所在地を公表しておらず、対策工事が終わる前に住んでいた人への注意喚起もほとんど行っていなかった。自治体などによっては、住宅を解体したり記録を廃棄したりして把握しきれていないところもあり、実際にアスベストが使われた住宅はさらに増える見込みである。

 今回、NHKなどの調査が行われるきっかけになったのは、かつて公営住宅に住み、最近になってアスベスト特有のがん「中皮腫」を発症した女性は、おととし1月から息苦しさを感じるようになり、その後、次第に激しいせきが出たり、けん怠感を覚えたりするようになって、病院の検査で「中皮腫」とわかり、担当医から余命1年半と告げられたため、悪性の腫瘍ができた胸膜を手術で切除したものの、がんの進行が止まらず、抗がん剤の投与を受けるなどして闘病を続けている。

 この女性はアスベストを扱う会社や工場に勤めた経験がなく、どこで吸い込んだのかわからなかったため、アスベストの被害者の支援団体に相談して支援団体が調査した結果、幼少時を過ごした公営住宅の天井にアスベストが使われていたことがわかった。

詳細記事

   過去にアスベスト使用の公営住宅 全国に2万戸以上

 2017612 1900 NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170612/k10011015121000.html

    アスベスト使用の公営住宅 記録廃棄のケースも

2017613 421 NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170613/k10011015461000.html

Smart Life Projectメンバー登録完了

|

厚労省発の国民運動「Smart Life Project」に賛同し団体メンバーに登録申請中、このほど登録完了の通知が届きました。

厚労省の案内より、「スマート・ライフ・プロジェクト (Smart Life Project)」とは、

「健康寿命をのばそう!」をスローガンに国民全体が人生の最後まで、元気に健康で楽しく毎日が送れることを目標とした厚生労働省の国民運動です。

今、日本人の「健康」を取り巻く状況は、大きな課題を抱えています。

ロゴ2.png

生活習慣病を予防し、健やかな生活を送る
ための「運動」「食生活」「禁煙」の3アクションに、今年度からは、健診・検診の受信を新たなテーマに加え、プロジェクトに参画する
企業・団体・自治体と協力・連携しながら推進しています。 (登録数 3732団体 /2017.6.11現在)

その趣旨は、タバコや農薬はじめ有害物質による健康障害に取り組む当会の予防啓発の基本でもあると賛同の登録申請をしました。登録団体は、団体メンバーロゴマークの提示により、本運動への支援の意思を表明するほか、健康寿命の延伸という運動の趣旨に沿った活動報告はメンバーサイトに公表されます。 

詳細は、下記のサイトでご覧ください。

 「健康寿命をのばそう!Smart Life Project

     http://www.smartlife.go.jp

厚生労働省 健康局がん対策・健康増進課発

    PDF「スマート・ライフ・プロジェクト(Smart Life Project)」

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11901000Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/0000036187.pdf/  

「近隣住宅受動喫煙被害者の会」発足

|

会報18号で紹介しました「近隣住宅受動喫煙被害者の会」が、5月19日の記者会見にて結成の発表をされています。

 近隣住宅からのタバコ煙被害は、当会でも2010年から有害物質SOSで対応してきましたが、証拠が取れるベランダ喫煙の被害は解決に向かうことがあっても、隣室からの見えない漏洩タバコ煙と残留ガスの長期に亘る被害は、規制がなければリスクコミュニケーションも成立せず。転居を繰り返すのみで受難に打つ手なしの無力感に苛まれてきました。今回の会の結成と計画が、とても有難く心強く期待しています。

  当初はベランダ喫煙規制法に向けた計画と案内されていますが、ベランダのない戸建ての場合も、受動喫煙の被害として受け付けていますので、ご案内します。

受動喫煙被害者の会S.jpg 「近隣住宅受動喫煙被害者の会」ホームページには、第二東京弁護士会所属の岡本光樹 弁護士(当会の会報9号に寄稿掲載)が顧問となって、受動喫煙の被害を人権救済として取り組む行動計画が明示され、全国の被害者の申し立てを受け付けています。 写真は共同通信-記事より)                         

     近隣住宅受動喫煙被害者の会について

近隣住宅受動喫煙被害者の会は、戸建て・アパート・マンションなど、すべての住環境での受動喫煙被害の問題に取り組み、被害をなくすために設立されました。

自宅に流れてくるタバコの煙に苦しみ、ご近所との関係を気にして長い間ガマンを強いられたり、病気になったりする人は、世の中にたくさんいます。みんなが声を上げることで、まず被害が存在することを明らかにしていく。

<申立人募集について>

日本弁護士連合会(日弁連)への人権救済申立と、申立人募集

近隣住宅受動喫煙被害者の会は、社会に向けた第一期のアクションとして、日本弁護士連合会への人権救済申立を行います。

日弁連は、私たちの社会のルールである法律をつかさどる、重要な役割を持つ団体です。日弁連への申立を通じて、私たちは社会全体へのアピールの第一歩を踏み出そうと考えています。人権救済申立には、申立人が必要です。一人でも多くの方に、申立人として参加していただきたいと思っています。

入会と申立人募集に応募は下記へ

近隣住宅受動喫煙被害者の会

231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町1-4-1関内STビル10

http://www.kinrin-judokitsuen.com/

参考記事:2017/05/20  ANNニュース

受動喫煙被害者の会結成 喫煙規制など国に訴え    

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000101189.html

農薬危害防止運動~住宅地の農薬

|

 空気弱者には受難の農薬散布の季節になりました。

住宅地の農薬使用.jpg

当会は設立以来、「住宅地の農薬危害」の予防を呼び掛けて10年近く経過しましたが、未だに周知徹底されていない連絡もあります。

当初、相談を重ねていた京都府の担当部署が、啓発用リーフレットの京都府版を印刷して府下の自治体に配布して下さり、幸先の良いスタートができました。

しかし、市民には届いていない例により、住民組織の回覧板で知らせる等の周知徹底を願ってきました。

その後、「市民だより」や「ホームページ」等で知らせる自治体も出始め、全域の取り組みに期待しています。 

例年通りですが、農水省発‐平成29年度農薬危害防止運動資料より、住宅地の農薬に関して、要約でお知らせします。

農林水産省は、農薬の使用に伴う事故・被害を防止するため、厚生労働省、環境省等と共同で、61日から831日まで「農薬危害防止運動」を実施すると各都道府県に通知しています。

「住宅地等における農薬使用について」 

学校、公園、街路樹及び住宅地に近接する農地等において農薬を使用するときは、農薬の飛散を原因とする住民等の健康被害が生じないようにすることが必要です。 

リーフレット:「農薬飛散による被害の発生を防ぐために」の注告より、

 このような所で、周囲を気にせず 農薬を散布していませんか?

注:農薬には、作物や樹木に発生する病害虫の防除を目的に散布するものの他に、ガーデニングや家庭菜園用のスプレー式の殺虫剤や殺菌剤、芝生等の雑草対策で使用する除草剤なども含まれます。

*被害が発生した場合の相談窓口も案内されています。

京都府の相談窓口

農林水産部食の安心・安全推進課 075-414-5655

 各広域振興局農林商工部企画調整室

京都府農薬危害防止運動の実施について

http://www.pref.kyoto.jp/shokupro/1212112014985.html

参考資料

「平成29年度 農薬危害防止運動」の実施について」

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/170426.html

「住宅地等における農薬使用について」  

http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_tekisei/jutakuti/index.html

リーフレット「農薬飛散による被害の発生を防ぐために」より、

http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_tekisei/jutakuti/pdf/ri_huretto.pdf


「CANPAN」ほか登録情報を更新

|

当会の活動状況を登録している「CANPAN」と、「京都市市民活動センター」の情報を更新しました。

今年度の世話人代表変更に併せて、設立準備会から10年、何をしてきたのか、何が変わったか、次の世代に繋ぐ要点を下記サイトの活動記録に加筆しています。

京都カナリヤ会(任意団体)/団体情報 | CANPANhttp://fields.canpan.info/organization/detail/1892669779

京都カナリヤ会 - 基本情報 - 京都市市民活動総合センター    http://shimin.hitomachikyoto.genki365.net/gnkk14/mypage/mypage_group_info.php?gid=G0000580

5/31 四条烏丸-交差点から

|

京都府・京都市による世界禁煙デーin京都のアピール(3)を見学しました。                                                   

DSCN4139S.jpg昼時12時ピッタリに、京都府と京都市の名入りタスキがけの数人が現れました。担当部署の職員が外出業務として実施のようです。
2名が一組となって、交差点を囲む四方のビル前で通行人にティシュを配り始めました。

「今日は世界禁煙デーです」と、声をかけてアピールしてくれました。

あっという間の30分で終えましたが、マイクで「世界禁煙デー」の案内や、幟(のぼり)などがあれば効果は倍増したと思います。

来年は、がんや呼吸器疾患の患者団体も加わって、京都駅前の広場でもアピールをお願いしたいと考えながら、 昨年末に会員から連絡のあった「ビル内から放散されるタバコ煙」の現場を周りました。

四条ビル喫煙所.jpg

四条烏丸-交差点から四条通りを東に20メートルほど先に、ビルとビルの間の空間ですが、奥行のある大きな喫煙所が設置されています

ここから大量のタバコ煙が放散されています。隣接する商業施設の店舗にも飛散していて、かなりの苦痛レベルでした。

もう一か所は、さらに東に向かって四条河原町の阪急と地下鉄の乗り場に通じる商業ビルからと考えられるタバコ煙です。阪急電車で通勤を始めた会員からのSOSを受けて現場を確認、厚労省の受動喫煙防止強化案に期待していました。

京都カナリヤ会

京都カナリヤ会のWebサイト

月別 アーカイブ