2017年9月アーカイブ

タバコ対策先進の自治体

|

ネットワーク会員から下記の連絡をいただきました。

受動喫煙防止対策の進んでいる自治体について、東京の学会に参加した際に、対策の進んでいる港区の担当部署を訪ねて情報交換してきました。            関西では、先進している尼崎市と堺市を訪ねたいということでした。

他にも、奈良県生駒市で、「歩きたばこ及び路上喫煙の防止に関する条例」が101日から施行される見込みなので、一緒に視察しましょうと伝えました。

参考: (奈良)歩きたばこ、市内全域で禁止 生駒市が条例案

       201734日 朝日新聞 

 市内全域で歩きたばこを禁止する県内初の条例案を、生駒市が7日開会の3月定例議会に提出する。罰則はなく、立ち止まっての喫煙を条件付きで認めるが、それも禁止して違反者に2万円の過料を科す「禁止区域」とする場所も後で定める。可決されると、10月に施行される。http://www.asahi.com/articles/ASK3141QFK31POMB009.htmlより) 

森友学園の現場を視る

|

毎回の移動滞在先にも連動している塗装紛いの室内への空気汚染で居たたまれず逃げ出す日々に、森友学園の現地へ立ち寄りました。                   道中も、電車も、どこも眼と肺が痛く、喉の粘膜がひどく剥がれて咳も呼吸も苦しい。同行者の案内で、阪急電鉄の庄内駅から歩いて10分、快晴の青空に気温は上昇して更に眼を突く、肺に刺す痛みと頭痛は止まず。                     大通りに出て目の前に現れた建物は、報道されている写真のとおりでした。      用地をぐるりと回ってみました。国有地の掲示が出ていて、建物は完成した状態で放置されていました。運動場も狭く、建物から見ても小さな学校の姿ですが、

森友1S.jpg一般では手の届かない何億という国有地を手に入れることができたのは何故か、市民は何も気付かなかったのかと、暫し事件の成り行きを廻りました。


正面から暫く眺めていると、目、鼻、喉、咽頭、肺が痛むので、この建物かと改めて外壁を見ると、赤い外壁は木材仕上げでした。

森友裏S.jpg立っている頭上に飛行機が大きな音を立てて数分間隔で降下飛行する姿を見て伊丹空港に近いことが解りました。
             
森友上空S.jpg
道路を隔てた隣地は公園、建物の背後には高速道路が見えています。      

大きな問題の絡繰りを考えると共に、この地に住む方々の健康を祈りました。
工事現場S.jpg

帰りには、すぐ近くで7階建ての幌かけ建築現場があり、眼と肺に最も強く痛く感知したのは塗装中であったかと判りました。

「空気のバリア」~道中・車中で

|

タバコや揮発・燻蒸剤の漏洩する自宅で、毎日が負荷テストのような空気汚染に居たたまれなくなると、外出して回復を繰り返してきました。

その上に、塗装工事が続くと、頭の芯から痺れる痛みと眼、鼻、喉、咽頭、喉、肺の粘膜損傷から焼けただれる炎症痛を引き起こし、その都度に避難を余儀なくされます。期間中は、逃れた道中や公共交通機関の車内でも、排ガスやタバコの残留ガスなど、塗装・揮発溶剤と同類の成分に遭うことが多くなり、益々、居場所がなくなります。それは、生活環境に飛散・揮散中の合成化学物質による「空気のバリア」を感知し始めた時と考えられます。                                     どこに向いても「空気のバリア」に行く手を遮られ、次第に呼吸困難を引き起こす要因となります。その経過は、シックハウスの発症から過敏性獲得の機序そのものであると体験しています。

<見えない空気のバリア>

道中におけるバリア

タバコの煙と残留ガス、工事現場(塗装中)、車の排気ガス、強い香付洗剤臭など、息を止めてその場を去ることができますが、尋常ではない苦痛を伴います。

公共交通機関車内のバリア

電車・バスの社内では、殺虫剤や除菌剤を塗布した直後、乗客が身につけている整髪料、タバコ残留ガス、強い柔軟剤香付の洗剤臭、ジーゼルガソリン使用バスの排ガスなど苦痛のバリアとなります。駅舎内トイレに設置しているパラジク剤や芳香剤、電車も遠距離の在来線では、車内で乗客が制汗剤をスプレーする、マニュキア液や剥離剤を使用するなどのほか、タバコと揮発溶剤の混合のような毒性ガスに襲われるのは電子・加熱タバコかと察するなど、公共空間の安全が脅かされています。

条例が制定されている兵庫県で、禁煙車と表示のタクシーに乗っても車内には染みついた強いタバコ臭が充満していて、眼と肺の痛みと頭痛から吐き気をもよおすほどでした。

これら「空気のバリア」は、タバコや農薬、塗装剤、揮発溶剤などに含まれる有害化学物質に曝されることが稀である人には、何ら痛みも呼吸困難も感知しない「見えないバリア」です。見えない「空気のバリア」を感じ始めた時から、症状は加速します。

男性喫煙率、滋賀県が最低

|

  男性喫煙率、滋賀県が最低~トップの群馬県と17ポイント差

厚生労働省が実施した2016年国民健康・栄養調査の結果が発表されました。  

都道府県別の成人男性の喫煙率は37・3%の群馬県がトップで、最も低い滋賀県は20・6%という地域差について、厚労省の担当者は「理由ははっきりしないが、各自治体は調査結果を参考に、禁煙指導などのたばこ対策を進めてほしい」としている。  今回の調査では、成人男性の喫煙率を地域別に見ると、最も高かった群馬に続いたのは福井36・6%、北海道35・9%で、低かったのは滋賀に続き奈良22・0%、大分25・3%の順と報道されています。(京都新聞より)

<参考>

20170921日 京都新聞                                                   http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170921000159

◆平成28年「国民健康・栄養調査」の結果 |報道発表資料|厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177189.html

◆都道府県別 成人喫煙率(2013年)http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/smoking.html

  ▶喫煙率が高い上位5県(2013年)

   男性 青森県、佐賀県、北海道、福島県、秋田県

   女性 北海道、青森県、埼玉県、大阪府、福島県

  ▶喫煙率が低い上位5県(2013年)

     男性 奈良県、京都府、徳島県、神奈川県、愛媛県

     女性 徳島県、島根県、鳥取県、奈良県、福井県

標高800mの高野山へ

|

猛暑に塗装工事の続きです。                                 7月末から1か月の建物塗装工事期間も終えたので、9月初めに戻ってくると、 工事は10日間延長する案内が届いていました。                         更に、別途10月初めまで真上の室の改装工事を実施する告知は、帰宅した日の日付で翌日から開始という設定です。

予想どおり、翌日の朝から、頭上で叩き続ける大音と共に混合溶剤のような無臭の揮発性刺激気流が強くなり、眼と肺がものすごく痛く、喉、咽頭痛、頭痛が続きました。合間に粒子状物質のような眼に異物を感知すると、喉の粘膜が剥がれるような激しい咳など、居たたまれなくなって、また避難しました。

もう、歩くと息切れがして、電車での移動も苦しくなり、どこも安息できる場所がないと

DSCN8057S.jpgDSCN8077S.jpg困惑中、高野山の奥の院はどうだろうかと案内していただきました。

大阪難波から南海電車の特急に乗車して一時間余り、やっぱり、ちょっと苦しい。それでもケーブルも、山頂までのバスも外国人観光客で満員でしたが、何とか大丈夫でした。さすが、世界遺産の高野山です。特急電車もケーブルでも日本語と英語とフランス語の案内もあり、フランス人の観光客が目立ちました。

DSCN8107S.jpgDSCN8103S.jpg

バスは、大門近くで降りて、金剛峯寺から奥の院向かいました。眼や喉の痛みも頭痛もまだ続いていましたが、陽ざしが強くても、22度の快適気温に恵まれて歩くことができました。                                            奥の院までの参道には、樹齢何百年という杉木立がそびえる中で、高野山に真言密教の聖地を開いた弘法大師・空海の石像はじめ20万基を超えるという皇族、諸大名、財界や一般の人々の墓石や慰霊碑が建ち並んでいて、苔むした墓石に往時を偲びながら森林浴ができました。

帰りは、町の中を歩いてみようと商店が並ぶ通りに出ると、急に、頭痛、眼と肺が痛く、口の中、喉、咽頭痛が始まり、これは自宅と同じだと進むと、数メートル先に塗装中の現場がありました。

DSCN8086S.jpgその後も、3か所で幌をかけた工事中の建物に出遭って、引き返しましたが、もっと寺院を見て回りたい、もう一度、出かけたいと思います。

不満買取センターとは

|

山室真澄 教授のブログで知りました。http://d.hatena.ne.jp/Limnology/より、

テレビで紹介されていたので、そんなもんがあるんだとネットで検索したのが下記です。http://fumankaitori.com/                          「企業の商品やサービス、そして社会をよりよくするために、あなたの不満を買い取ります。」会員が不満を入力・投稿すると、最大50ポイントで買い取ってくれて、500ポイントたまるとアマゾンポイント500ポイントに交換してくれるというもの。           投稿された不満はAIで解析して、企業は自治体等の改善活動や商品開発などに活用するそうです(下記の図。出典は上記リンク)。                      すごっくクールな企画ですね。こういったAIによる解析、たとえば化学物質過敏症がどういう原因・状況で発症するかなどの解析や改善した原因の解析に使えないでしょうか。                                                 *お心にかけていただいて感謝、会員登録をして実際に試してみたいと思います。 空気汚染による苦痛と症状発生の根源を、生育と生活環境の実態調査から突き止め、可視化を目標とする当会の活動にも通じるような企業理念と見受けました。

 <参考>ビッグデータ解析のビジネスモデルのような「不満買取センター」の企業名は、株式会社Insight Techと表示。企業理念より、「インサイト(Insight)」という言葉には"物事を深く洞察し、その本質を見抜く"という意味があります。インサイトテックは生活者の内なる声をもとに企業や社会の課題解決をサポートします。

インサイトテックは、AIを中心とした「テクノロジー(Tech)」を使って生活者の本音を浮き彫りにし、社会の多様な課題解決に貢献することを使命と定め、その思いを社名に込めています。データの奥底に潜む生活者の隠れた欲求や期待、そして希望。私たちはそれらを人々の生活をよりよくするためのヒントになるよう可視化し、企業や社会にお届けしていきます。(AI人工知能) http://fumankaitori.com/

市民への周知徹底と配布方法

|

災害時の緊急速報は、国や各地方公共団体より、緊急速報メールで一斉配信されることが解りました。この場合も、携帯電話を所有しない人は対象外となりますが、別途の登録により案内されます。

一般に各自治体では、平常時の市民への案内は紙面の「市民しんぶん」に掲載し、 市民・住民としての義務と保護されるべきこと等が案内され共有される仕組みです。京都では、「府民しんぶん」は専任者が各戸のポストに配布していますが、「市民しんぶん」は、京都市の市民参加行政により、地域の自治会に配布を委託しています。 よって、自治会に加入しない住民には配布されていないのです。

この「市民しんぶん」の配布漏れにより、周知徹底できていないことも考えられる災害時に備えた情報など、多数が対象外となるのではと懸念されます。

昨年の熊本地震後に、防災センターへ出向いて、居住地の防災・避難マップについて尋ねました。刷新して全市民に配布している。地域の自治会から配布していると聴いて、届いていないことを知りました。その他にも、住民の全てに徹底するべき情報が、何年も知らされていないことも判りました。

他府県の事情を調べると、どこも同じ方法で、困惑しているようです。          横浜市では、配布先は自治会に加入している世帯と指定して委託していますが、  各世帯にお届けする「広報よこはま」ほか広報媒体は、市民の暮らしに関わる重要な制度も掲載しており、情報を広く市民の皆様にお届けすることは市の責務であると認識しているところです。 よって、「自治会に未加入の世帯にもお配りください」と明記しています。                                              今年4月、この横浜市の案内を読んで、メンバーと行政相談に出向くかと話していた翌月から、俄かに「市民しんぶん」「区民しんぶん」が、ポストに配布され唖然としました。                                                農薬・殺虫剤やタバコ煙ほか空気汚染の危害について「市民しんぶん」に掲載され、弱者の自治会加入も可能となるように、全市民への啓発が徹底されることを願っています。

市民への緊急連絡方法は

|

地震・大津波・噴火・洪水など、人命に危険が及ぶ恐れがある場合に,国や各地方公共団体より、緊急速報メールで一斉配信される案内を調べてみました。

「緊急速報メール」 とは、

気象庁又は国及び地方公共団体が、携帯電話(スマートフォンを含む)向けに災害に関する情報をメール形式で一斉送信するもので、NTTドコモ,au,ソフトバンクがそれぞれサービスを提供しています。

緊急速報メールには,次の3種類があります。

気象庁―緊急速報メール①(津波警報)②(津波警報)                               国・地方公共団体―③(災害・避難情報)

緊急速報メールを受信するには?

緊急速報メールは,携帯電話会社が運営するサービスですから、携帯電話が必要です。NTTドコモが平成1912月から,ソフトバンクモバイルが平成242月から,auが平成243月からそれぞれサービスを開始しています。

携帯電話を契約所有しない市民への連絡は?どうなるのでしょうか。

多メディア一斉送信システム:                                                                (京都市が独自に整備した避難勧告等の情報を伝達する仕組み)                    事前に登録された自主防災組織関係者,避難行動要支援者等に対して,登録者が希望する方法(固定電話,FAX又はメール)により,避難勧告等の発令情報を伝達

広報車による広報: 各区役所・支所,消防署等が保有する外部スピーカー搭載の広報車を用いて,一定区域への避難勧告等の伝達を行う

「京都市情報館」 2017321  ページ番号142559 よりhttp://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000142559.html

あなたの携帯電話,緊急速報メールが受信できるかどうか,確認しておきましょう。

緊急速報メールは,一刻を争う場合に,多くの個人に一斉に情報を伝達できる強力な仕組みです。緊急速報メールを受信したときは,その内容に注目していただくとともに,避難の際には,緊急速報メールが受信できない人に伝えてあげてください。

史上初-列島を縦断した台風18号

|

17日、西日本を広く暴風域に巻き込みながら日本列島を縦断した台風18号は各地で被害が相次ぐニュースと自治体の避難情報が出ました。               お見舞い申し上げます。               

2017918台風一過S.jpg

3連休に全国各地へ影響をもたらした台風18号は、日本の本土4島(九州・四国・本州・北海道)に全て上陸した史上初の台風となりました。

今日の近畿は台風一過で午後から青空が戻ってきましたが、北海道は明日も大雨の予報が出ています。   不意の災害にも狼狽ることのないようにと心がけながらも、いざとなると無防備であることを痛感しました。今後も続く台風ほか、災害の襲来に備えたいと思います。

参考 : NHK そなえる 防災                http://www.nhk.or.jp/sonae/column/bousai_no_chie.html

▶【台風18号】九州、四国、本州、北海道の全てに上陸した初の台風にhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000835-weather-soci

2017/9/18〔台風18号〕北海道檜山地方に再上陸 列島縦断にhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000013-rescuenow-soci

       【近年の台風発生数と上陸数】

        ・2017年 発生19 上陸3

        ・2016年    26   6

        ・2015年    27   4

        ・2014年    23   4

        ・2013年    31   2

        ・2012年    25   2

        ・2011年    21   3

核のごみは「科学的特性マップ」に

|

日本の原子力発電に伴って発生した使用済燃料は、現在、約18,000トン存在しています。これらの使用済燃料は、各原子力発電所や青森県六ヶ所村の日本原燃六ヶ所再処理工場において安全に管理されています。なお、使用済燃料を管理できる容量は、20175月末現在、合計で約24,000トンになります(うち、六ヶ所再処理工場が3,000トン)。(資源エネルギー庁サイトより)       

「科学的特性マップ」S.jpg

原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)は、現世代の責任で地下深くの安定した岩盤に埋設する(=地層処分する)必要があるとして、経済産業省は有識者会議を経て最終処分場選定のための「科学的特性マップ」を作成し、20177月に公表しています。

「科学的特性マップ」は、最終処分場選定に際し、地層処分に関係する「地域の科学的特性」を既存の全国データに基づいて全国地図の形で案内されています。              (各地の活断層、軟弱地盤、地熱等、地理的条件がよく解ます)

経産省は、マップの公表に併せて、国民の理解と地域での検討を促すために、10月から国民や自治体向けの説明会を全国で開催する。このあと政府は複数の地域を選び、20年程度の調査を経て最終的な処分地を決めるそうです。

 <参考>

経済産業省 資源エネルギー庁:科学的特性マップ公表用サイトhttp://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/nuclear/rw/kagakutekitokuseimap/

経済産業省:「科学的特性マップに関する意見交換会」を全国で開催します。http://www.meti.go.jp/press/2017/09/20170913001/20170913001.html

核のごみ 名称を「科学的特性マップ」に変更  2017414  毎日新聞https://mainichi.jp/articles/20170415/k00/00m/040/065000c


世界の原子力発電開発の動向

|

「化石燃料依存からの脱却」と「原発依存からの脱却」の実現に向けた次代のエネルギー源について、福島の原発事故後、再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、バイオマス発電、地熱など)が注目されています。

ドイツは、2011年に発生した福島原発事故を機にエネルギー政策を根本的に変えて再生可能エネルギー拡大の道を歩んでいます。 原子力擁護派であったメルケル首相が、福島事故から4ヵ月後に、原子力発電所を2022年末までに全廃することを法制化しています。原発大国といわれるフランスも2001年から政策目標として再生可能エネルギーの生産に取り組んでいます。

しかし、世界の15ヶ国で原発建設中(20171月)が60基もあることなど、下記のサイトで詳細が判ります。

https://www.jaif.or.jp/ 一般社団法人 日本原子力産業協会       

早わかり 世界の原子力発電開発の動向 2017 (2016年実績)

 世界の原子力発電所は 31ヶ国で運転中は447基 (2017 1月現在)

      世界の国別-原発数ランク  (建設中は含まず)

     順位     国名    原発数

      1      アメリカ     99

      2      フランス    58

      3      日本        42

      4      中国        35

      5      ロシア      30

      6      韓国        25

      7      インド       21

      8      カナダ      19

      9      ウクライナ  15

      10    イギリス     15

中国もガソリン車禁止へ英仏に追随

|

 中国の新車販売台数は米国を上回る約2800万台に拡大(2016年度)、10年ほど前から北京など多くの都市部で深刻な大気汚染と国民の健康被害が高まっていた。中国政府はその要因となるガソリン車などの製造・販売を禁止する検討を始めたと報じています。化石燃料から電気自動車へのシフトは原発建設加速が懸念されます。

中国の原子力発電所建設基は現在運転中35基・建設中21基  世界の約1/3相当)

https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM11H82_R10C17A9MM8000/?dg=1中国がガソリン車禁止へ 英仏に追随、時期検討 最大市場、EVシフト

2017/9/12 1:31日本経済新聞 電子版より一部抜粋転載

中国政府はガソリン車やディーゼル車の製造・販売を禁止する方針だ。英仏が7月に2040年までの禁止を表明したことに追随し、導入時期の検討に入った。電気自動車(EV)を中心とする新エネルギー車(NEV)に自動車産業の軸足を移す。世界最大の自動車市場である中国の動きは、大手自動車メーカーの成長戦略や世界のEV市場に影響を与えるのが確実だ。


「脱化石燃料」~電気自動車への問題

|

  欧州で「脱燃料」の急加速を伝える東京新聞の記事より、

各国でガソリン車、ディーゼル車の新車販売を禁止する政策により電気自動車化を進めると、世界の電気消費量を押し上げることが見込まれます。            新たな電力供給のために「原発依存」に向かうとなれば、せっかくの「脱化石燃料」による環境対策も元の木阿弥です。

電気自動車化を再生可能エネルギーで賄うためには、自動車の数を減らすことが根本的な課題と考えられます。自動車の使用は産業用や歩行困難者など必要不可欠な範囲として、健常な生活者は鉄道やバスなど公共交通機関を利用することが、末永く国民の健康と環境を守るのではないでしょうか。

<参考>

 欧州で「脱燃料」急加速 英仏、2040年までにガソリン車など販売禁止へ         2017726日 東京新聞 より 抜粋転載

英政府は2040年までにガソリン車、ディーゼル車の新車販売を禁止する方針を決めた。地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」を重視するフランスも今月、同様の方針を打ち出している。欧州で2位、3位の新車販売市場を持つ英仏が足並みをそろえることで、車の電動化への動きが欧州で急加速しそうだ。

フランスではマクロン政権が今月6日、米トランプ政権が離脱を表明した「パリ協定」を推進する立場から、40年までのガソリン車、ディーゼル車の販売禁止を発表し、英国への後押しとなった。

英国はこれまで、ガソリン車から排出される温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を減らすため、軽油税を安く抑えてディーゼル車販売を促進してきた。ところがディーゼル車からの窒素酸化物(NOx)による健康被害が深刻化。ロンドンなど大都市の幹線道路で欧州連合(EU)の大気汚染基準を大幅に超え、環境対策の転換を迫られていた。http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201707/CK2017072602000248.html

「地球環境、岐路に立っている」

|

 「地球温暖化や生物多様性の喪失で地球環境は岐路に立っている」と米英の科学者が対策強化求め声明を発表。「政府や企業、市民社会が連携し今こそ行動を起こすべきだ」と訴えています。

わが国の取り組みは遅々としていますが、フランスは、温暖化対策として40年までに石油・ガス産出全廃する法案を閣議決定したと報じています。 

当会も設立以来、「化石燃料依存」と石油化学による合成化学物質」からの脱却を進めなければ、人も生態系も海洋も森林も破壊され地球は破滅すると訴え対策を願ってきました。

 <参考記事>

https://this.kiji.is/278460229761877496?c=39546741839462401

「地球環境、岐路に立っている」  米英の科学者、対策強化求め声明

2017/9/7  共同通信

https://this.kiji.is/278151822003159046?c=39546741839462401

フランス、石油・ガス産出全廃へ  温暖化対策、40年までに

2017/9/6 22:15  共同通信

 

加熱式タバコ に「アクロレイン」の毒性

|

加熱式タバコには、アクロレインやベンズアルデヒド、ホルムアルデヒドなどの毒性物質が紙巻きたばこの5080%超含まれていることが報告されています。

 <アクロレインの毒性について>

アクロレインはアルデヒドの一種で刺激臭を有する化合物。無色から黄色の液体で可燃性、毒性が強く、眼、上気道を激しく刺激する。高濃度の暴露では肺水腫や気管支炎を引き起こすことがある。毒物及び劇物取締法により原体が劇物に指定されている。                                                                                                   ガソリンエンジン・ディーゼルエンジン及びタバコの不完全燃焼でも発生し、自動車・船舶等からの排出量は年間1,765トン(製品評価技術基盤機構 2005年調べ)、タバコから年間97トン排出されている。(環境省 2004年調べ)

なお、タバコ1本あたりからの発生量は主流煙で9.93116μg、副流煙で288~348μgと分析されている。(厚生労働省 2002年べ) 

喫煙や有機物の燃焼時に発生するアクロレインは、生体内の分子と速やかに反応し、強い毒性を示すことが知られている。また、がんやアルツハイマー、脳梗塞など、酸化ストレスを原因とする疾患においても細胞にアクロレインが過剰に発生し、さらに酸化ストレスを亢進させると考えられている。

参考: https://ja.wikipedia.org/wiki/アクロレイン                    ▶日本禁煙学会「【加熱式電子タバコ】緊急警告!」 http://www.jstc.or.jp/modules/information/index.phpcontent_id=119                                                        アクロレインの可視化に成功ー2016412日 理化学研究所           -生きた細胞で発生する毒性分子アクロレインと酸化ストレス疾患の関連性究明に大きな手がかり- http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160412_2/ 

              

 

安全ではない加熱式タバコ

|

   東京都の「受動喫煙防止条例」は極めて重要だ

   東京都医師会・尾崎会長が説く喫煙の大問題

         東洋経済オンライン 20170813日号より(一部抜粋転載) 

              http://toyokeizai.net/articles/-/184145?page=4

東京都から受動喫煙防止を始める意味

東京都医師会としては健康を守ること、疾病を予防することの2つの観点から、健康を害する最大の原因になっているタバコの問題に真正面から取り組む必要がある。国の政策のなかでも「健康寿命の延伸」がうたわれており、疾病予防の観点からタバコの問題は避けて通れない。

 <加熱式タバコは、安全とは言えない>

――加熱式タバコは、紙巻きタバコに比べて安全だとタバコ会社は宣伝している。

会社側が添加物などを公表していないのではっきりとはわからないが、ニコチンの純度が高く依存性が高まる危険がある。

7月に米国の論文誌に発表された論文で、アクロレインやベンズアルデヒド、ホルムアルデヒドと言った毒性物質が紙巻きたばこの5080%超含まれていることが報告されており、とても安全とは言えない。

最近でも加熱式タバコによる過敏性肺臓炎(アレルギー性の肺炎、特発性間質性肺炎などに移行するリスクがある)で肺が真っ白になった患者さんを診ている。また、米国FDA(食品医薬品局)では、加熱式タバコを「タバコのリスクを軽減する製品」として承認していない。                                                                                米国のカリフォルニア州では建物から6メートル以内での喫煙は禁じられている。これならベランダ喫煙もできない。



東京都の条例~加熱式たばこも禁止

|

東京都の受動喫煙防止条例は「屋内原則禁煙」として、加熱式たばこも禁止の罰則付きで定める方針が、8日に発表されました。

法改正が進まない国に先んじて動き出す首都・東京で条例化されれば、他の自治体にも波及する可能性も期待できます。(詳細は下記の記事参照)

今年度中に都議会に条例案を提出し、ラグビーワールドカップ(W杯)開催前の2019年夏までの施行を目指す。一般的なたばこや葉巻のほか、火を使わず煙が出ない加熱式たばこも禁止対象にする。

 厚生労働省が今年、医療施設や学校、飲食店などを原則禁煙とする法改正を目指したが、自民党などの反発で実現していない。受動喫煙を防ぐ条例は神奈川県や兵庫県にもあるが、都の担当者は「国や他自治体と比べてもかなり厳しい条例」としている。 

<参考記事>

http://www.asahi.com/articles/ASK985QV6K98UTIL03D.html

屋内原則禁煙、都が条例制定へ 受動喫煙防止で国に先行

     201799  朝日新聞 

「残暑お見舞い」と会員だより

|

9月初旬から朝夕は涼しくなりました。猛暑に大雨・洪水など各地で大変な夏でしたが、まだまだ残暑も厳しくお見舞い申し上げます。

会員からの便りをご参考までに一部お知らせします。

◆肺がんが消えました。

今年1月に入院して手術直前に中止して以降、2か月後との検診で、どんどん小さくなって、今月初めに消えていました。腫瘍は悪性ではなく、良性であったことが判り、ほっとしました。という朗報です。

<参考> 201797日  毎日新聞                         

  がん検診 手順順守の市区町村は全国で45%

     https://mainichi.jp/articles/20170907/k00/00m/040/166000c

 他にも、がん疾患で療養中の会員からの連絡がなく心配しています。        

◆洗浄剤マイペットの成分

夏休み前に、子どもが学校で清掃に使うマイペットで調子が悪くなって休みました。  マイペットの成分はきついのでしょうか。

 成分中の界面活性剤と除菌成分が最要因と考えられます。

<参考>

     http://www.kao.com/jp/mypet/mpt_spray_00_fablic.html

     花王株式会社  かんたんマイペット 成分情報 より

        成分名称         機能名称

         水              工程剤

         エチルアルコール    泡調整剤

         グリコールエーテル   泡調整剤

         アルキルアミンオキシド 界面活性剤

         アルキルグリコシド    界面活性剤

         塩化ベンザルコニウム  界面活性剤/除菌成分

         エタノールアミン      アルカリ剤

         クエン酸塩         pH調整剤 香料 

「独白のすすめ」への最新情報

|

見えない危害への対策に案内しました5/20ブログ「独白のすすめ」の備えとして、 研究者から下記の助言をいただきました。

                    ~~~~~~~~~~~~~~

会誌の8ページに「独白のすすめ」でボイスレコーダーとデジカメの携帯を勧めておられましたが、かなりの方が常に所持されているスマホも、最近はデジカメ並かそれ以上によい写真がとれます。また、アプリをいれるとレコーダーになります。        私はAndoroid端末で「簡単ボイスレコーダー」というのをいれています。独白モードと、遠くの音を拾うモードを選べるので便利です。

                   ~~~~~~~~~~~~~~~

長年の困惑も解決に向けられるような手法に感謝しながら、               ハイテク弱者でもある会員は救われないことを察しました。                居住空間に飛散・揮撒する空気汚染物質の発生により健康被害ほか危害を被っても、何らかの証拠がなければ、医師も弁護士も対応しません。             証拠が取れなければ延々と続く見えない私害が安住と健康を蝕むのです。

弱者への迫害-近隣タバコほか

|
今月初めまで、会員からの連日の電話にも一週間後の応答になりました。

もう限界!何とかならないかと切羽詰まったSOSでした。

タバコの煙や残留ガスに長時間曝されていると起きる症状ですが、殺虫剤や除草剤、塗装剤に使用されているベンゼンはタバコにも含まれているので更にひどくなると伝え、少しでもその場から離れることを勧めました。

7月には、電磁波がきつくてもう限界だとかかって来た時の声がれと鼻にかかる声は副鼻腔炎か咽頭炎の症状と察知しました。

タバコではないかと問うと、タバコも頻繁に入ってくると言います。タバコだけではない、いろいろで、頭が痛い、全身が痛いのに、病院に行っても、どこも異常なし。自治会の役員に言っても聴く耳なしで取り付く島もないという状況でした。

受動喫煙の診断医を紹介しましたが、遠いので近くのプライマリケア認定医が常勤する病院を受診して話を聴いてもらうように勧めました。

プライマリケア医が、どのように対応してくれるか報告を待っていたのですが。

 

メールフオーム経由ご意見への回答

|

メールフオーム経由メールで下記の題名のご意見とお問い合わせをいただきましたが、連絡先(住所・電話)が未記載でしたので、返信できずお詫びいたします。


当会サイトを閲覧下さりご意見ありがとうございます。

いただきました下記のご意見とお問い合わせについて、会員の意見を役員会で検討の結果、来月になりますがブログ上で回答させていただきます。

1.件名:化学物質過敏症についてデマを広げるネット医師に関しまして

2.件名:活動報告会か例会に参加して直接お話を聞かせて頂けますか


規制強化-エチルベンゼンの毒性

|

厚労省が公表したシックハウス原因物質の室内濃度指針値案で最も規制強化されるエチルベンゼンの毒性についてお知らせします。

エチルベンゼンは、平成23年度の規則改正で規制対象に指定された特定化学物質です。用途は主に溶剤系の塗料に含まれています。

エチルベンゼンは、芳香族石油化学製品の一つであり,ベンゼン,トルエン,キシレンとともに広範で重要・主要の化学原料である。工業的には塩化アルミニウム、三フッ化ホウ素、リン酸などの触媒下で、ベンゼンにエチレンを吹き込んで製造する。

        特定化学物質エチルベンゼンの毒性

危険有害性情報:吸入すると有害(蒸気)

            軽度の皮膚刺激・眼刺激

            発がんのおそれの疑い・生殖能又は胎児への悪影響のおそれ

            中枢神経系の障害のおそれ・呼吸器への刺激のおそれ

予想される急性症状及び遅発性症状

吸入した場合 : 咳、めまい、し眠、頭痛

皮膚に付着した場合 : 皮膚の乾燥、発赤

眼に入った場合 : 発赤、痛み、かすみ眼

エチルベンゼンの製造または取り扱う作業のうち、母性保護の観点から       平成2410月より該当作業場への女性の就業が禁止されています。

<ベンゼンについて>

ベンゼンは特徴的な臭気のある、無色の液体。この物質の蒸気は空気より重く、地面あるいは床に沿って移動することがある。許容濃度を超えても、臭気として十分に感じないので注意すること。アルコール飲料の使用により有害作用が増大する。

ベンゼンの主な用途

純ベンゼンでは合成原料として染料、合成ゴム、合成洗剤、有機顔料、有機ゴム薬品、医薬品、香料、合成繊維(ナイロン)、合成樹脂(ポリスチレン、フェノール、ポリエステル)、食品(コハク酸、ズルチン)、農薬(2,4-D、クロルピクリンなど)、可塑剤、写真薬品、爆薬(ピクリン酸)、防虫剤(パラジクロロベンゼン)、防腐剤(PCP)、絶縁油(PCD)、熱媒など。                                       溶剤級ベンゼンでは、塗料、農薬、医薬品ほか一般溶剤、油脂、抽出剤、石油精製など、その他アルコール変性用である。

危険有害性情報: 皮膚刺激 強い眼刺激 遺伝性疾患のおそれの疑い 発がんのおそれ 生殖能又は胎児への悪影響のおそれの疑い

             呼吸器の障害 眠気又はめまいのおそれ 長期又は反復ばく露による中枢神経系、造血系の障害

(単回ばく露): 全身毒性「皮膚、鼻、口、咽頭への刺激」、「気管支炎、喉頭炎、 肺での大量出血」の報告あり

(反復ばく露): 「骨髄の形成不全、過形成または正常芽細胞を伴う血液減少症」「血液毒性、再生不良性貧血による死亡例」 「横断性脊髄炎」 「頻発性頭痛、疲労感、睡眠障害及び記憶障害、白血球、赤血球数の減少及び平均赤血球容積の増加」

<引用元>

厚生労働省 労働基準局安全衛生部化学物質対策課 化学物質評価室http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei48/dl/anzeneisei48-08.pdf

安全衛生情報センター職場のあんぜんサイトhttp://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen/gmsds/0092.html

シックハウス規制強化3化学物質追加

|

厚労省―シックハウス新物質追加は15年ぶり    

シックハウス原因物質S.jpg

3化学物質を追加へ室内濃度、規制強化   

13物質の指針値が設定されて以降10余年、建築業界などは使用を控え、これらの化学物質が指針値を超え検出されることは少なくなった。一方で、代替として使われているテキサノールなどがシックハウス問題を引き起こすケースが報告され、規制が必要と判断された。キシレンの濃度は従来の4分の1、エチルベンゼンは66分の1に引き下げられる。

キシレンやエチルベンゼンなどの規制強化は、過去10年あまりに蓄積された新たな調査データに、現在の指針値より低い値を妥当とする研究報告があるため実施すると報じられている。 

https://mainichi.jp/articles/20170828/k00/00e/040/264000c                  シックハウス原因物質の室内濃度指針値案 (上記の表)

  2017828日 毎日新聞記事より転載 

  厚労省が新方針 新物質追加は15年ぶり

厚生労働省は、シックハウス症候群など体調不良を引き起こすおそれのある三つの化学物質について、新たに室内濃度の指針値を定める方針を固めた。有識者の検討会で合意しており、年内に正式決定する。室内濃度指針値は、「シックハウス」が社会問題化した2000年前後にホルムアルデヒド、トルエンなど13物質について相次いで定められたが、新たな物質の追加は15年ぶりとなる。【田村佳子】

新たに指針値が設定されるのは、水性塗料の溶剤に使われている「テキサノール」や、接着剤や塗料に含まれる「2-エチル-1-ヘキサノール」など。テキサノールは、既に指針値のあるフタル酸エステル類の代わりに広く使われている。2-エチル-1-ヘキサノールはオフィスなどのビニール製の床材から放散され、問題になることが多いとされる。同時に、キシレン、エチルベンゼンなど4物質については、既に定めている指針値を改定し、規制を強化する。


東京都子どもを受動喫煙から守る条例

|

産業医大・タバコメルマガ配信にて                                                               大和浩 教授のコメントと測定データ添付で戴きました。                 住宅内への規制に踏み込んだ活気的な取り組みに注目し条例制定の成就を期待しましょう。

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170829/k10011117891000.html 

         2017829日 NHK NEWS WEBより(一部抜粋転載)

東京都議会の都民ファーストの会と公明党は、来月開かれる定例議会に、子どもを受動喫煙から守ることに特化した条例案を共同で提出することになりました。

具体的には、子どもは自分の意思でたばこの煙の被害を避けることが難しいとして、子どもが乗っている自動車の車内では喫煙を制限するほか、子どもがいる家庭内の部屋や、学校周辺の通学路、それに公園などでの喫煙を避けるよう求める内容となっています。                                                                                             都民ファーストの会都議団の山内晃政務調査会長は「子どもをたばこの煙から守る必要性を東京から発信し、受動喫煙の防止を進めたい」と述べました。 

【大和コメント】

「家庭内に規制が入る」ことに対して反対する意見がありますが、子どもが逃げることができない自宅内や自家用車内で保護者が喫煙することは「虐待」である、という観点から議論していきましょう。

ある家庭で喫煙者が個室で喫煙し、ドアの隙間から隣のリビングに拡散していく様子を測定した結果を示します。保護者が喫煙すれば、子どもが高濃度の受動喫煙に曝露されることは明らかです。

京都カナリヤ会

京都カナリヤ会のWebサイト

月別 アーカイブ