NHKあさイチで「受動喫煙」特集

|

産業医科大学 大和 浩 教授からのメルマガでお知らせです。

受動喫煙ロゴマーク小.jpg

NHK「あさイチ」で特集「受動喫煙 どう減らす?」番組の紹介

319日、来週の月曜日815分から放送です。     

大阪大学の祖父江先生、小児科で受動喫煙に取り組んでいる井埜先生、京都の稲本先生、大和先生も出演されます。

 FAX03-3481-0099)と番組ホームページによる質問も受け付けるそうです。

 以下は予告編です。http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/180319/1.html

本人がたばこを吸わなくても、他人のたばこの煙にさらされる「受動喫煙」。

本当に健康に及ぼす影響をご存じですか?厚生労働省の報告(2016年)によると、肺がん、心疾患、脳卒中の死亡者のうち、受動喫煙が原因と見られる死亡者は1万5千人にのぼると推計されています。

また、死に至る病でなくとも、受動喫煙から化学物質過敏症になり特定の化学物質に対して、頭痛やめまいを起こすなど日常生活に支障をきたす人も増えています。受動喫煙による健康被害について詳しくお伝えします。

もちろん、受動喫煙を避けたいのはやまやまですが、喫煙者に「やめて欲しい」と伝えるのは難しいもの。ましてやご近所さんだったら、気まずくなるのも心配です。波風立てずに伝える方法もお伝えします。

 

京都カナリヤ会

京都カナリヤ会のWebサイト

月別 アーカイブ