生駒市の受動喫煙対策に反響大

|

 生駒市は、4月から「喫煙後45分間エレベーター使用禁止」

327日、受動喫煙防止対策を強化すると発表した奈良県生駒市の取組みについて、その後も新聞各紙で紹介され、テレビでもクローズアップされています。

45分間ルール」を導き出した産業医科大学の大和 浩 教授も、「これほど、ニュースになるとは予想外でした。生駒市の動きが、全国の自治体、企業、学校等に広まっていくこと、特に、高層階のビルに適用されることを期待しています」とメルマガでお知らせ下さいました。                                        医師・医学会と市と職員の協働による生駒市の判断は素晴らしいと思います。

「奈良県生駒市」の記者会見資料より

たばこの火による身体等への被害やたばこの煙による健康被害を防止し、喫煙者・非喫煙者がお互いに安全で快適に過ごせる生活環境をつくるために、「歩きたばこ禁止区域」を告示し取り締まりをスタートするなど対策を強化する。

また、来場者と職員の受動喫煙防止のため、昼休憩時を除いて市職員の職務時間内の喫煙を禁止に。さらに、「喫煙後45分間はエレベーターの利用を禁止」するという。職員が対象だが、表示等により来場者にも協力を求める。 

45分間ルール」とは (厚労省資料より)       

喫煙後の呼気残留ガスS.jpg

測定により、喫煙後の呼気に含まれるガス状物質濃度が、喫煙を終えた後も肺に充満したたばこの煙が吐き出され続け、戻るまでに45分必要という結果が示された。「喫煙後も45分間は体内から有害物質が出続ける」という調査結果に基づいた防止対策である。

参考: 「奈良県生駒市」記者会見資料http://www.city.ikoma.lg.jp/cmsfiles/contents/0000012/12943/jyudoukituen.pdf                                                受動喫煙防止対策の現状と課題 厚労省http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11201000-Roudoukijunkyoku-Soumuka/0000070592.pdf

喫煙後45分は「エレベーター禁止」広がるか 効果は...201842日 朝日新聞https://www.asahi.com/articles/ASL427W13L42UBQU01F.html

拡がる「タバコ害」の意識~生駒市45分ルールとモスバーガー禁煙化https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180330-00083333/

京都カナリヤ会

京都カナリヤ会のWebサイト

月別 アーカイブ