YouTubeで「あさイチ受動喫煙」視聴

|

「喫煙後45分間ルール」に反対の人には、ぜひとも、19日に放映されたNHK「あさイチ」を観て欲しいものですと、大和 浩 教授のメルマガで案内をいただきました。

YouTubeで「あさイチ 受動喫煙」で検索すると視聴できます。 https://www.youtube.com/watch?v=Nlw-7L2ZQ5c&t=568s

 YouTubeあさイチ「受動喫煙~知られざるリスクと予防法~」を視聴して、  

受動喫煙を被っているこどもの尿を調べて予防を進める熊谷市の井埜 利博医師(小児科)の対策が、全国の学校でも実施されるように、また、成人も検査を受けられるよう期待します。                                          そして、受動喫煙で死亡する人が年間15万人を超えるというのに、未解明症候群ではない「受動喫煙症」が、なぜ傷病名登録されないのかと改めて理不尽さを感じました。

当会は平成2712月に「受動喫煙症」の傷病名登録を要望申請しています。   しかし、医療情報システム開発センターで審査の結果、不採択とされ、翌年、再申請も却下されています。否決の理由は、「受動喫煙による‐気管支炎」など、疾患名の頭に標記されれば問題がないという回答でした。                      ところが、受動喫煙による胃腸障害で受診した病院の消化器内科で、受動喫煙症の紹介状持参も「酒は良くないが、タバコは問題ない、ドンドン吸ってもいい」と断言する医師から受動喫煙による傷病を否定されました。受動喫煙で発症する人の確定診断が疎かとなれば、がん対策にも影響する問題です。

 番組内容も少し意外に感じていたところ、会員からも意見が届きました。      視聴した会員からの問い合せには、下記のように参考情報で案内しています。

① タバコの煙でアトピー皮膚炎になるのですね。

② 受動喫煙で「化学物質過敏症」になるのですか。

③ 近隣からタバコ煙と消臭剤が入ってきて呼吸器疾患がひどいので、        警察に相談したけど、複数からの通報がないので対処できないと断られました。

④ 相談に乗ってくれた所で、空気清浄機を進められて購入したが、効果がない。

<参考情報>

①②について、                                         「タバコ病辞典」200455日第1刷発行 タバコ病リストに掲載されています。http://tobaccobyo.life.coocan.jp/                       日本禁煙学会‐「受動喫煙症」の診断基準の対象とされていますhttp://www.nosmoke55.jp/passive_dx.html                                                             (*受動喫煙で「化学物質過敏症」は、厚労省発の「化学物質過敏症」診断ではない)     厚労省「シックハウス症候群」の要因物質に数年前から「タバコの煙」が加えられています。http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei/dl/sick_house_02.pdf

③について                                            他府県では対処しても、京都府は不可能であるのか確かめてみます。        筆者も前居で、タバコ被害対策を願って警察署の相談窓口に出向きましたが、弁護士同行でと言われました。その後、夜の帰宅時にドアポケット周辺に油剤液を撒かれドアを開けると殺虫剤の臭いがした時は、交番に走って現場確認を依頼すると来てくれたのですが、「ただの殺虫剤」では「事件性はない」。「タバコの煙が入ってきても文句が言えるか」と、写真も撮ってくれませんでした。10年ほど前のことですから、少しは変わっていると思いますが。

④について、                                           タバコの煙は空気清浄機も効果がないと厚労省も公表しています。         「受動喫煙防止対策の現状と課題 - 厚生労働省」

京都カナリヤ会

京都カナリヤ会のWebサイト

月別 アーカイブ