2018年5月アーカイブ

2018 世界禁煙デー

|

2018 世界禁煙デー は 531日木曜日です。       

2018 世界禁煙デーSS.jpg

禁煙週間は5月31日から1週間です。        

京都では、今年も高台寺で「2018年世界禁煙デーin京都」が開催されます。http://www.pref.kyoto.jp/gan/2018kinen.html

日時:6月9日(土曜日) 17時30分~19時30分       場所:鷲峰山高台寺                          主催:NPO法人 京都禁煙推進研究会              共催:京都府、京都市       

(昼間に多くの人が行きかう街なかでの開催を期待しましたが、今年も夜間の山の上です。)

<参考>                             http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000202210.html        ◆厚労省 平成30年度「禁煙週間」実施要綱                      期間 平成30年5月31日(木)から平成30年6月6日(水)まで            禁煙週間のテーマ                                      2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」http://www.who.int/campaigns/no-tobacco-day/2018/event/en/      WHO世界禁煙デーのテーマ: Tobacco Breaks Hearts Choose health,not tobaccoWorld No Tobacco Day Tobacco and heart disease  Date: 31 May 2018                                               ◆日本禁煙学会http://www.jstc.or.jp/uploads/uploads/files/information/2018531NOS.pdf

 

タバコ疾患‐受動喫煙で3200億円

|

タバコが、これほど人の健康と命を奪い、増え続ける膨大な医療費が国民の税金を含む国家財政を圧迫している事実をお知らせします。

2018/1/15 東京新聞夕刊の記事より、

たばこが原因で2014年度に100万人以上が、がんや脳卒中、心筋梗塞などの病気になり、受動喫煙を合わせて14900億円の医療費が必要になったとの推計を、厚生労働省研究班が15日までにまとめた。国民医療費の3・7%を占めるという。

その結果、喫煙で11700億円、受動喫煙で3200億円の医療費が発生したとみられることが判明。患者数は喫煙が79万人、受動喫煙が24万人だった。

喫煙者では、がんの医療費が多く、7000億円を超えた。心筋梗塞をはじめとする虚血性心疾患や脳卒中などの脳血管疾患の医療費も、それぞれ2000億円だった。 受動喫煙では、がんによる医療費が300億円。虚血性心疾患は1000億円、脳血管疾患は1900億円と推計した。

経済的な損失額も試算。病気による入院で仕事ができなくなったことによる損失は喫煙と受動喫煙を合わせて2500億円、勤務中に喫煙するために席を離れることによる損失は5500億円と見積もった。

 <参考>

http://www.tokyonp.co.jp/article/national/list/201801/CK2018011502000227.html   たばこ原因 医療費1.5兆円 受動喫煙で3200億円               2018115  東京新聞夕刊

https://toyokeizai.net/articles/-/168119?page=5                  受動喫煙問題解決には政治的な決断が必要だ                    20170418日 東洋経済

化学物質過敏と発達障害について

|

 テレビ報道の内容について、会員から問い合わせがありました。                        考えられる問題点と直近の化学物質過敏症に関する調査報告など          参考記事を案内しました。

Q)問合せの内容

  昨日(4/30)NHK「あさイチ」をみました。発達障害のテーマでしたが、       ちょっと腑に落ちないと感じたのは、発達障害者の感覚過敏性を、化学物質過敏症の人が自身の症状を語るという内容です。過敏症状を認知してもらうには良いのかもしれないですが、化学物質過敏症の原因が発達障害にされては、環境汚染問題が遠退く危険を感じながら見ていました。                      脳の機能障害が過敏症を生むという事が根底にはあるのでしょうか?

A)応答

  感覚過敏が双方に共通していると捉えたのかどうか、番組を視聴していないのでNHKに確かめないと解りませんが、下記の記事を参考に考えられることをお知らせします。

・多種類化学物質過敏症は、化学物質の過度の曝露(タバコ煙、農薬、殺虫・除菌剤、溶剤・塗料、重金属など)が引き金となって、体と脳に起きる炎症が原因であることは体験から考えても間違いないでしょう。(暴露不明の過敏症は別として)

・発達障害は脳機能の発達が関係する障害であり、化学物質過敏症における脳の   炎症は脳神経系に作用する物質により、中枢神経系の障害が起きるという違いがあります。

・発達障害と認知症も、農薬、タバコほか化学物質の影響が指摘されています。

<参考>     https://iwj.co.jp/wj/open/archives/242962 より

農薬使用量と発達障害S.jpg    https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/shiryo/2210_shogai_jireishu.pdf       精神障害 発達障害 高次脳機能障害 - TOKYOはたらくネット - 東京都https://iwj.co.jp/wj/open/archives/242962                      『発達障害の原因とメカニズム:脳神経科学の視点から』
https://www.jniosh.go.jp/icpro/jicoshold/japanese/country/finland/organization/FIOH/WorkHealthSafety/solvent1.html

『脳を蝕む溶剤』 フィンランド労働衛生研究所(FIOH)発行                (訳 国際安全衛生センター)                                http://www.env.go.jp/chemi/anzen/mcs/biryou27.pdf 環境省           平成27年度「環境中の微量な化学物質による健康影響に関する調査研究」報告 http://ifu-wolfhagen.de/japan-ifu-institut-wolfhagen/           多種類化学物質過敏症)-国際会議、2009/3東京 ドイツ環境医療研究所(IFU)ルノー医学博士 講演録  



京都カナリヤ会

京都カナリヤ会のWebサイト

月別 アーカイブ