タバコ疾患‐受動喫煙で3200億円

|

タバコが、これほど人の健康と命を奪い、増え続ける膨大な医療費が国民の税金を含む国家財政を圧迫している事実をお知らせします。

2018/1/15 東京新聞夕刊の記事より、

たばこが原因で2014年度に100万人以上が、がんや脳卒中、心筋梗塞などの病気になり、受動喫煙を合わせて14900億円の医療費が必要になったとの推計を、厚生労働省研究班が15日までにまとめた。国民医療費の3・7%を占めるという。

その結果、喫煙で11700億円、受動喫煙で3200億円の医療費が発生したとみられることが判明。患者数は喫煙が79万人、受動喫煙が24万人だった。

喫煙者では、がんの医療費が多く、7000億円を超えた。心筋梗塞をはじめとする虚血性心疾患や脳卒中などの脳血管疾患の医療費も、それぞれ2000億円だった。 受動喫煙では、がんによる医療費が300億円。虚血性心疾患は1000億円、脳血管疾患は1900億円と推計した。

経済的な損失額も試算。病気による入院で仕事ができなくなったことによる損失は喫煙と受動喫煙を合わせて2500億円、勤務中に喫煙するために席を離れることによる損失は5500億円と見積もった。

 <参考>

http://www.tokyonp.co.jp/article/national/list/201801/CK2018011502000227.html   たばこ原因 医療費1.5兆円 受動喫煙で3200億円               2018115  東京新聞夕刊

https://toyokeizai.net/articles/-/168119?page=5                  受動喫煙問題解決には政治的な決断が必要だ                    20170418日 東洋経済

京都カナリヤ会

京都カナリヤ会のWebサイト

月別 アーカイブ