2018年6月アーカイブ

排除のヤジは社会悪を映す鏡

|

 京都に戻っても、溜まった原稿をアップできずに月末になってしまいました。ほかにも日付に合わせて掲載しました。

 "受動喫煙対策を訴える肺がん患者にヤジ" 国会議員 「いい加減にしろ!」  

    骨抜きの受動喫煙対策にがん患者が訴え                                     「死んでいく年間15千人の声 聴いて」

621日に滞在先のテレビで視た「肺がん患者にヤジ」の報道は、筆者も居住の場で被っている実態そのものと視聴しました。                           日本の政治も居住社会も「タバコの煙が人の命を奪う」ことに目を瞑るだけでなく、被害者の請願の声まで排除する二重の「人権侵害行為」が罷り通っていることを知らせた報道です。

屋内全面禁煙義務の法律がなく、「世界最低レベル」に分類されている日本という国の闇が映し出されたように視ました。

我が国は「たばこ規制枠組条約(FCTC)」(168カ国以上加盟)を批准したにも拘らず、条約締結により要請されている公共の場所の屋内全面禁煙と責任・罰則を伴う立法措置の期限を過ぎて7年も経過しているのです。

世界188カ国中、公共の場所(医療施設、学校、大学、行政機関、事業所、飲食店、バー、公共交通機関の8種類)すべてに屋内全面禁煙義務の法律がある国は既に49カ国以上と公表されています。

「社会悪」 とは、 社会の矛盾から発生して、災いを及ぼす害悪。goo国語辞書) 

ヨハン・ガルトゥングの平和学によれば、タバコの煙を吸わされる被害は、タバコの製造・販売に始まる構造的暴力から文化的暴力(直接的暴力や構造的暴力を正当化する言説、抑止論など)に及ぶことも考察できます。

参考: 構造的暴力による社会的虐待 - 市民科学者国際会議http://csrp.jp/wp-content/uploads/2016/06/Iwanami-Kagaku_201603_Tsujiuchi.pdf

<記事>

受動喫煙対策を訴える肺がん患者にヤジ 国会議員「いい加減にしろ!」              「こういう人が国民の健康を守る法律を審議しているのかと思うと残念でならない」2018/06/21 07:01  BuzzFeed News Editor, Japan 岩永直子https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/judoukitsuen-yaji-anami?utm_term=.pnr4yOEZP#.wkkPWerZO

「いいかげんにしろ」 がん患者に穴見議員やじ 衆院委参考人招致              2018622日 毎日新聞 西部朝刊https://mainichi.jp/articles/20180622/ddp/041/010/021000c

 

地震発生から一週間目に

|

 全国地震動予測地図2018年版と今後の地震確率予測地図

今後30年以内に震度6弱以上の揺れに襲われる危険性を示す全国地震動予測地図2018年版が政府の地震調査委員会から公表されました。              報道記事の内容をお知らせします。        

今後の地震予測確率図S.jpg

震度6弱以上の揺れに見舞われる確率は千葉市が85%と、都道府県庁所在地で最も高く、南海トラフ巨大地震が懸念される太平洋岸では静岡市が70%、長大活断層が走る四国は高知市が75%と各地で引き続き高い確率となった。沖合で新たに巨大地震が想定された北海道東部は、根室市が63%から78%となったのをはじめ大幅に上がった。

18日に大震度6弱を観測した大阪府北部地震が発生した近畿地方でも、50%前後と高い数値が目立つ。                              発生確率の最新版は防災科学技術研究所のウェブサイトで公開され、住所から発生確率を検索できる。

防災科学技術研究所 http://www.bosai.go.jp/

全国地震動予測地図 J-SHIS Map 2018年版 地震関連情報 データ公開http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/

<全国地震動予測地図> ある場所がどのくらいの地震の揺れ(地震動)に襲われるのかを「今後30年間で震度6弱以上」といった表現で、全国規模で示した地図。プレートが沈み込む海溝で起きる地震や、内陸の活断層で起きる地震の評価結果を基に政府の地震調査委員会が作成、公表している。

地震動予測地図 震度6弱以上の確率 千葉市が85%              2018627日 東京新聞 http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201806/CK2018062702000140.html

明石市 住吉神社のあじさい

|

 地震発生の翌日、家族の勧めを受けて20日から京都を離れました。

滞在先では、終日窓を閉めてエアコンを入れていましたが、タバコ燻しほか空気汚染物質の漏入で苦しく、2日目の朝には、明石市の住吉神社へ出かけました。

山陽電鉄の魚住駅から徒歩5分、海を見下ろすように建っている住吉神社では境内に20品種約2500株のあじさいを植えているという「あじさい神苑」から巡りました。  海を臨む斜面の木陰で色鮮やかにみずみずしい大輪の紫陽花が迎えてくれました。あじさいまつりの後で人出も少なく、ゆっくりと花を愛でることができました。

海を眺ていると、光源氏が須磨から明石に移った源氏物語の舞台を想い、
社務所で記念の絵馬を購入しました。
明石の絵馬.jpg

住吉神社 あじさいまつり 

 

DSCN9586S.jpgDSCN9496S.jpg

 DSCN9543S.jpg  
         
          

DSCN9551S.jpg







DSCN9526S.jpg


DSCN9554S.jpg














役員会も延期しました

|

今後一週間は余震に注意>の予報から、

今回の地震の被害を知ると身の安全確保を先に考えようと検討して、22日に予定の役員会を来月に延期しました。

地震発生の前後に起きたことを記録しながら、いざという時の状況と行動を確認しました。

・地震発生の5分後に携帯の電源を入れても緊急速報メールが届かない。

・震度5強の地震が起きた日の朝、サイレンも広報車の呼びかけもない。

・エレベーターが停止している。数時間後も案内の掲示がない。

・食料品や飲料水の備蓄と防災用品の備えを改めて考える。




大阪北部地震の発生お見舞い

|

昨日の朝に起きた大阪北部地震で被災された皆さまにお見舞い申し上げます。   交通機関と電気、ガスなどライフラインの供給停止による生活困窮度は如何ばかりかと一日も早い復旧・復興と安全をお祈りいたします。                    京都市でもドスンと音がして強く揺れました。深夜、日付が変わってまたグラグラと震度4レベルの余震がありました。                                最近、全国各地で地震が発生しており、備えの切迫感が募っていたところです。   しばらく、余震が続く予報と注意の呼びかけが出ています。                ご無事を祈りつつ、この先の注意に関する記事をお知らせします。

▶地震情報(震源・震度に関する情報)https://www.jma.go.jp/jp/quake/20180617230226393-18075838.html  平成30年 6月18日08時02分 気象庁発表 

20180618 地震発生地域S.jpg

18日07時58分ころ、地震がありました。震源地は、大阪府北部(北緯34.8度、東経135.6度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は5.9と推定されます。

         

大阪府北部を震源とする地震の被害・対応状況(都市ガスについて)      <経済産業省>http://www.meti.go.jp/press/2018/06/20180618006/20180618006.html                 家財が凶器に、通報が普段の4倍超 救急車が出ずっぱり             2018619日 朝日新聞デジタルhttps://www.asahi.com/articles/ASL6L5DFWL6LPTIL05V.html        大阪府北部の地震による被害に関連する消費者トラブルにご注意ください。 http://www.caa.go.jp/ <消費者省>        

学校のブロック塀、安全性を緊急点検...政府決定<新聞報道>         20180618日 読売新聞               http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180618-OYT1T50115.html

 

世界人権宣言70周年に

|

 世界人権宣言は、すべての人間が生まれながらに基本的人権を持っているということを、 初めて公式に認めた宣言です。19481210日、フランス・パリで開かれた第3回の国際連合総会で、「あらゆる人と国が達成しなければならない共通の基準」として採択されました。 (アムネスティー日本の案内より) http://www.amnesty.or.jp/human-rights/what_is_human_rights/universal_declaration.html

採択から70年目を迎える今年度は、当会も学習テーマとして情報収集をしています。

  615日 世界人権宣言70周年 記念シンポジウムに参加して聴講しました。

世界人権問題研究センター主催 テーマは「いま世界人権宣言を読み解く」  http://www.khrri.or.jp/news/doc/130.pdf

これまでの経過と現状、今後についての解説から、人権問題が起きている核心を突く起草者の言葉が紹介された時、70年目の今もその通りであると深く感じ入りました。                                                 それは、1946年に設置された国連人権委員会の初代委員長として世界人権宣言の起草に重要な役割を果たしたエレノア・ルーズベルト(アメリカ第32代大統領ルーズベルトの妻)が述べた下記の言葉です。http://www.youthforhumanrights.jp/what-are-human-rights/universal-declaration-of-human-rights/introduction.html  (ユース・フォー・ヒューマンライツ サイトより転載)

人権とはどこから始まるのでしょう?            

エレノア・ルーズベルトS.jpg

「普遍的人権とはどこで始まるのでしょう。それは、ごく身近な小さな場所...世界のどんな地図でも見つけられないほど身近で小さな場所から始まるのです。けれども、それこそが人の生きている世界なのです。その人の住む町、通っている学校や大学、働いている工場や農場や会社。そうした場所こそ、あらゆる男性、女性、子供が、差別のない平等な正義、平等な機会、平等な尊厳を求める場所なのです。これらの権利がそこで意味を持たないとしたら、それらはどこでもほとんど意味がないでしょう。身近なところでそれらを支持するために団結した市民の行動がなければ、私たちがそれよりも大きな世界に進んでいこうとしても徒労に終わります。」

              ~~~~~~~~~~~~~~                 まさにその通りを実感。タバコや殺虫剤の被害で生活の場を追われている私たちの「住宅・学校・職場は安全か」を問う啓発にも通じます。安心して呼吸ができる居住環境を願い続けてきた当会も今年は人権について学習し解決の糸口を辿っています。

京都市では、4月に広報資料として「世界人権宣言って何?~人権の大切さを

京都市人権宣言SS.jpg見つめ直そう~」を発行したという案内を見て、担当部署に伺い、学習用に冊子をいただきました。                 記載されている守られるべき人権が侵害されたときの対処については、窓口の案内はしていますと冊子「人権相談マップ」も添えてくださいました。

しかし、居住室内へ漏入するタバコほか空気汚染による健康被害は命を削る人権侵害であっても、案内されている相談窓口では対応されないことを伝え、「清浄な空気を吸う権利」は、憲法第25条の「健康権」であり、憲法13条の「幸福追求権」を守れる窓口対策を願いました。   

▶京都市広報資料  文化市民局(くらし安全推進部人権文化推進課)       「世界人権宣言って何?~人権の大切さを見つめ直そう~」を発行しました!http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000235677.html

世界人権宣言70周年  法務省http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00172.html

紫陽花の見頃~山田池公園

|

 今年のあじさいの開花期が早くて、もう終わりかと諦めていたら、ちょっと遠いけど、枚方市の山田池公園でひっそりと咲くあじさいの花が見頃だという連絡を受けて、翌日、出かけました。                                          京阪電車で枚方市駅下車、同行者の案内でバスに20分ほど乗って終点の藤阪ハイツ前で降りて、立ち並ぶ団地群を眺めながら数分ほど歩くと公園の入口に着きました。入口から広い園内を歩いて目の前に広がる見事なあじさいの花と景観の美しさに感歎、至福のひと時を過ごすことができました。

               

DSCN8976S.jpg

DSCN8968S.jpgDSCN8953S.jpg








DSCN8987S.jpg

DSCN8994S.jpg








DSCN9034S.jpgDSCN9008S.jpg誰もいない池のほとりのベンチで持参の玄米弁当を食べていると、小鳥の声や水鳥が獲物を追う姿も現れて英国の公園のような雰囲気でした。

この後、菖蒲園を回りましたが、今まで見たことのない広い公園でウォーキングもジョギングもできる、サイクリングもバーベキューセットも貸し出す設備など、素晴らしいと思いました。園内ではタバコ臭もなく、トイレも管理が行き届いていました。        そして、入場無料なのです。

DSCN8997S.jpg

DSCN9028S.jpg






帰りのバスで、プラムの木から落ちた果実を拾ってきたという女性二人が、赤いすももが一杯入った袋からお裾分けしてくれました。この時期に果樹園に行くと、落ちている果実は拾って持って帰ってもいいと案内していると教えてくれました。                                  桜や梅、桃のほか四季の花もたくさん楽しめるようです。

|大阪府枚方市 府営 山田池公園                                   http://yamadaike.osaka-park.or.jp/

イエローグリーンリボン運動

|

 自治体で進む受動喫煙対策

早くからイエローグリーンリボン運動に取り組んできた広島県福山市も、東京都に続いて「子ども及び妊婦を受動喫煙から守る条例」が成立・施行されています。

 受動喫煙の防止~イエローグリーンリボン運動~        

イエロー.jpg 「ふくやま健康・食育市民会議(フクイク21)」では,たばこの煙を吸いたくない意思をさりげなく伝えるために,イエローグリーン(黄緑色)のリボンを身につける取り組みを行っています。

このリボンを見たら近くでたばこを吸わないようにしましょう。http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/soshiki/kenkosuishin/508.html                                「イエローグリーンリボン運動」を知っていますか? 広島県医師会       http://www.hiroshima.med.or.jp/ishi/docs/0525/2228_024.pdf  

「福山市子ども及び妊婦を受動喫煙から守る条例」について

2018年(平成30年)4月1日に施行されたこの条例は,こどもや,おなかの赤ちゃんを受動喫煙の悪影響から守り,心身の健やかな成長に貢献するとともに,市民の健康で快適な生活の維持を図ることを目的として,市民や保護者,市の果たすべき責務を定めたものです。

福山市子ども及び妊婦を受動喫煙から守る条例本文http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/soshiki/kenkosuishin/114882.html

佐世保市イエローグリーンリボン運動~受動喫煙の防止にご協力ください!http://www.city.sasebo.lg.jp/hokenhukusi/kenkou/judokitsuen.html



「がん制圧」の法則~連載延長

|

『がん制圧の法則/ 元京大医学部教授が提言』

526日のブログでお知らせのとおり、からすま和田クリニック院長和田洋巳 医師の記事が424日から522日まで『サンデー毎日』に連載されました。         その後も読者の方々の反響が大きく、4月~5月の追加連載と特集号に次いで6月も 612日(日)・19日(日)号に追加されましたとの案内をいただきました。

人々のがん治療への関心の高さが推察できます。

当会では、がん疾患の会員も一緒に発症まで長期に亘って日常的に体内へ取り込んだ空気や飲食物、これらに含有する毒性物質と体内での変化を考える予防法が肝要であると考察しています。

 <参考> 526日 当会ブログにて案内http://www.kyotokanariya.com/blog/2018/05/post-286.html

がん免疫療法が米学会で注目

|

がんの世界最大学会 免疫療法に関する発表に注目集まる

2018/63 1034 NHKニュースより、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180603/k10011463021000.html

がんの新しい治療として、注目されている患者自身の免疫の働きでがん細胞を攻撃する「免疫療法」に関する記事を紹介します。

医師や研究者、がん患者など合わせて4万人が参加する「がんの治療や研究」に関する世界最大の学会「アメリカ臨床腫瘍学会」が今月1日から5日までシカゴで開催中、がんの新しい治療として注目されている患者自身の免疫の働きでがん細胞を攻撃する「免疫療法」に関する発表が相次いだ。

免疫療法は、これまでの手術と抗がん剤、それに放射線治療に続く新たな治療で、特にアメリカでは効果が確認され、医薬食品局が承認した免疫療法や安全性などを確認する臨床試験が多く行われている。

一方で、免疫療法は患者1人当たりの医療費が年間数千万円かかるものもあり、費用に見合う効果を検証する研究報告も行われていた。

薬の費用と治療効果との関係を分析しているエール大学のスコット・ハンチントン博士は「免疫療法が患者に提供されるのはすばらしいが、費用が高い状態が続けば維持できなくなる。どれくらいの負担でどのような効果を得られるか議論する必要がある」ということです。               

免疫の仕組みS.jpg<参考>                  国立がん研究センター がん情報サービス 免疫療法 もっと詳しく知りたい方へ20180329図1免疫の仕組み)→

今年の農薬危害防止運動

|

「平成30年度 農薬危害防止運動」の実施について、

農林水産省は、厚生労働省、環境省等と共同で、425日に案内しています。   京都府のホームページには今年度の案内が見当たらず、先月末に問い合わせました。6月初週もまだ掲載されていませんが、農薬に関する相談・照会先ほか、お知らせします。                                                     

農薬2S.jpg

昨年4月、農地へ転居した入会希望者の自宅周辺を回った際に農薬散布後の空気質を体験しました。 無臭の空気でしたが、筆者は、眼がこわばる、鼻、喉、咽頭、肺の痛みと頭痛が強くなり、喉の粘膜が剥がれて咳と声枯れがひどく発現しました。       ちょうど今、一斉に田んぼに除草剤ほか農薬を撒いていますから、農薬ですか、子どもが訴える症状も同じだと教えてくれました。                  呼吸器の粘膜損傷ほか眼の奥から痛む激しい頭痛など、農薬使用の現地で体験した苦痛が、農地のない市街地の住宅居室で日常的に被っている症状と同じことが起きていることも判りました。

 私たちにとっては、「住宅地等における農薬使用について」 の周知徹底への願いが切実です。 http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_tekisei/jutakuti/index.html

【農林水産省・環境省】 リーフレット「農薬飛散による被害の発生を防ぐために」http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/pdf/ref_hisanstop.pdf                     学校、保育所、病院、公園等の公共施設、街路樹、住宅地とこれに近接する土地、住宅地に近接する森林等(以下「公園等」と称します)、及び住宅地に隣接した家庭菜園・市民農園を含む農地の管理にあたっては、農薬の飛散を原因とする、住民や子ども等への健康被害が生じないよう、農薬を使用しない管理を心がけましょう。  注:農薬には、作物や樹木に発生する病害虫の防除を目的に散布するものの他に、ガーデニングや家庭菜園用のスプレー式の殺虫剤や殺菌剤、芝生等の雑草対策で使用する除草剤なども含まれます。

◆京都府の相談窓口                                     農林水産部 食の安心・安全推進課 075-414-05655 http://www.pref.kyoto.jp/shoku-anshin/1306734943665.html 

「平成30年度 農薬危害防止運動」の実施について                   平成30425日 農林水産省http://www.env.go.jp/water/dojo/noyaku/campaign/index.html                 実施期間:原則として、平成3061日から831日までの3か月間。              実施主体:農林水産省、厚生労働省、環境省、都道府県、保健所設置市及び特別区


「発がん性」懸念-医療被曝の低減へ 

|

CT装置や検査数では世界トップクラスの医療被曝国となった日本

どこの医療機関でも受診するとCTやMRIの予約から始まることが多く、余程でなければ病院には行けなくなり、体に負担が少ない超音波診断を願っていました。

この件について、昨年の「日本学術会議の提案」を経て、(日本学術会議提言図1より)

医療被曝.jpg

厚労省は27日CT(コンピューター断層撮影)検査をする医療機関に、患者の被曝線量の記録を義務づける方針を決めたと発表されました。

被曝線量が多いと、がんのほか、不妊、白内障などを誘発することが懸念されている。だが、多くの医療機関はCT検査のメリットを重視するあまり、被曝の低減策を議論することを怠ってきた。今後、各医療機関はCT検査で得られる画質と身体に与える影響の両面を考慮した上で、診療にあたることになる。

 参考資料・記事をご案内します。      

CT検査による医療被ばくの低減に関する提言  日本学術会議 平成2983http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-t248-1.pdf

資料1 医療被ばくの適正管理のあり方について 平 成 30 1 19 日 厚労省http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-

CT検査の被曝線量、医療機関に記録義務づけへ 2018428日 朝日新聞https://www.asahi.com/articles/ASL4W7TQFL4WUBQU015.html

京都カナリヤ会

京都カナリヤ会のWebサイト

月別 アーカイブ