京都駅前のタバコ煙

|

当会ブログを閲覧下さっている方から、京都駅前はタバコの煙がひどいと苦痛のメールが届いていましたので、21日(日)面談日の帰りと平日の24日に現場を視察しました。

京都駅を背に烏丸通りの正面に設置されていた喫煙室が、いつの間にか形式も変わって、ほかにも開放型の喫煙室が増えていました。 

DSCN3810S.jpgDSCN3804S.jpg



入口のドアは開放して煙が外に出ています。休日は満員の喫煙室に入らずに付近で喫煙する人がいます。10メートルほど離れた場所でも、眼と肺が痛く後頭痛、喉はイガイガで咳き込みます。         

DSCN3809S.jpg

すぐ前の大通りは信号待ちで大勢の人が行き交っていますが、誰も気がつかずに受動喫煙に遭っているのです。

幼児やこども、高齢者は避けるべきと感知しながら、住宅や職場で長時間の受動喫煙を被って、呼吸器疾患など発症した人には苦痛の公共空間となることを確認しました。

京都カナリヤ会

京都カナリヤ会のWebサイト

月別 アーカイブ