イベントのお知らせの最近のブログ記事

世界禁煙デー

|

NPO法人京都禁煙推進研究会から下記の案内を頂きました。

世界禁煙デー 関連イベントのご案内

【今年のテーマ】
時は今!京都から日本を元気にしよう
~科学の力・町衆の力でタバコフリー京都を~

【日時】 平成24年5月26日(土)午後2時~4時30分

【場所】 京都府医師会館 3階 大会議室ホール

  京都市中京区西ノ京栂尾町3-14
  JR・地下鉄「二条」駅 東出口より南へ すぐ



基調講演 「受動喫煙防止条例が必要な理由」

医療法人 啓生会 やすだ医院院長  安田雄司 先生
ほか、講演とパネルデイスカッション、クイズなど

詳細は下記をご参照ください。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/zensyou/info/info026.html

2月 学習会のご案内

|

 「京都議定書」誕生の地である京都の名のもと、世界で地球環境の保全に多大な貢献をした方の功績を称えるkyoto地球環境の殿堂が主催する2日間のフォーラムの内、2月12日のシンポについてお知らせします。 (学術的な内容ですが、一般のご参加も可能ですと案内されています) 

第3回地球環境の殿堂表彰式後に開催される国際シンポジゥム

 京都環境文化学術フォーラム
 
1 日 時  平成24年2月12日(日)午後2時15分~4時45分

2 会 場  国立京都国際会館 メインホール(京都市左京区宝ヶ池)

3 定 員  1,000名 参加無料 (申し込み2月8日締め切り先着順)

4 内 容  ※日英同時通訳あり                                    

・殿堂入り記念講演京都国際会館s-.jpg

○クラウス・テプファー氏                                            (先端的持続可能性研究所所長)
○レスター・R・ブラウン氏                                           (アースポリシー研究所所長)

・シンポジウム-東北からの報告-

◯佐々木健氏(岩手県大槌町教育委員会生涯学習課長)
◯赤坂憲雄氏(学習院大学教授)
◯クラウス・テプファー氏
◯レスター・R・ブラウン氏
◯尾池和夫氏(国際高等研究所所長) 総括コメンテーター

詳細は http://earth-kyoto.jp/forum.html
イベントチラシ:http://earth-kyoto.jp/chirashi.pdf

参加ご希望の方は、郵便番号、住所、氏名、電話・FAX番号、
E-mailをご記入の上、下記の方法でお申込みください。
■FAX:06−6376−2362まで送信してください。

■インターネット
http://www.earth-kyoto.jp
※定員になり次第、受付を終了させていただきます。

<主催団体等> 
◯主 催 : 京都環境文化学術フォーラム
 (京都府,京都市,京都大学,京都府立大学,人間文化研究機構 総合地球環境学研究所,
◯人間文化研究機構 国際日本文化研究センター)
◯後 援(予定):外務省,文部科学省,経済産業省,環境省,京都商工会議所,
◯大学コンソーシアム京都 ,NHK京都放送局

1月の学習会

|

1月 学習会のご案内

tit_category_title.jpg

8回 京都・環境教育ミーティング (京エコロジーセンター主催)

 

日時 平成24121() 930分~17

場所 龍谷大学 深草キャンパス 2号館12

 

*会報8号 化学物質問題~不用農薬の調査回収~の寄稿を頂きました木下知巳氏が、同じ演題で講演されます。(14時~1430)

 

案内より:このミーティングは,環境教育に携わる人々が,様々な事例紹介・ワークショップ・交流を織り交ぜた「京都スタイル」で行います。お好きな発表を選んでいただけます。(:申し込み)

 

詳細は http://www.miyako-eco.jp/

 

問合せ先:京エコロジーセンター(木曜休館)

612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 

TEL 075-641-0911 FAX 075-641-0912


申込:FAXもしくは下記の「申込フォーム」にてお申込ください。

※ただし、定員になり次第締め切らせていただきます。

12月 学習会のお知らせ

|

今月の例会はありませんが、外部学習会を下記のとおりご案内します。

これまでの会員例会を振り返り、健康障害と発生要因について考え改善を願う中で、科学的な知識に触れることが要と考え、来年度も学習会への参加を予定しています。

9月に参加された方は、会場が変わっていますのでご確認下さい。
事前申し込みの必要はないそうです。


府民だより12月1日号 掲載より

府立医科大学公開講座「こどもの健康と化学物質」

日時 12月18日(日曜日)13時~

会場  府立医科大学附属図書館ホール(上京区)
 
定員 300人

【問い合わせ先】
府立医科大学分子病態病理学教室
TEL・FAX  075-251-5849

2011 ラジオ講座 「水から環境を考える」

|

国際ソロプチミスト京都-北山賞受賞記念事業

地球と生命 について
~Limnology 水から環境を考える~
 
講師 東京大学大学院 教授 山室 真澄 氏

放送日時 10月22日(土)午前 10:30~11:00
京都コミュニティ放送 FM797ラジオの番組で放送します。


s-地球と水.jpg


自然環境学専攻・地学研究30余年、山室 真澄 教授の講話と対談


地球の誕生から46億年、地球の歴史を1年に例えると、18世紀の産業革命以降の人類の歴史は1秒ほどです。わずかの間に地球の姿は人間によって大きく変えられ、今や人間自身の持続可能性にも疑問が持たれています。

この番組は今回の原発事故も踏まえ地球と人類の活動について、私たちが健やかに生きていくための環境保全と科学技術のあり方や、生活者の視点から何ができるのかを水環境・地学の専門家に語って頂きます。

■ 講座内容は当日以降もネット放送で聴くことができます。

府立図書館 全面禁煙と講演会

|

京都府立図書館が8月2日から建物内全面禁煙の施設となりました。
先月、ファックスにて会員学習会の案内でお知らせしました府民講演会が、この府立図書館の3階で開催されます。「化学物質の子どもへの影響」に関する内容です。私たちの願いが少しづつ叶い始めています。
今年度の「空気質管理に優れた施設」の感度査察も兼ねての参加として、当日の感想、意見などをお聞かせ下さい。

講師の伏木先生は神経病理学 のほか放射線・化学物質影響科学、内分泌かく乱化学物質曝露の脳形成・発達への影響を研究されています。


府民講演会のご案内


「子どもの脳を守る」~環境化学物質はどのような影響を及ぼすか~

・ 講師 伏木信次 氏 (京都府立医科大学大学院 医学研究科
                    分子病態病理学教授)
・ 日時 9月11日 日曜日 午後2時~4時
・ 場所 府立図書館3階マルチメディアインテグレーション室
・ 申込方法 チラシ(PDF)下部の参加申込書を府立図書館・府立医科大学
 附属図書館いずれかの館に持参またはFAX、郵送(はがき可)で申込下さい。
申込先 京都府立図書館 FAX075-762-4653
    〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9   

   詳細 http://www.library.pref.kyoto.jp/news.html#idaikoen

2011 京都大学国際フォーラムの案内

|

新たな知の統合に向けて


昨年の秋、当会ラジオ講座でお話を願いました京都大学基礎物理学研究所の村瀬 雅敏 先生から、101516日の日程で開催される国際フォーラムのご案内を7月に頂いておりました。

京都大学ジュニアキャンパス、京都府教育委員会の協賛で、一般市民の参加も可能です。フォーラムの趣旨とプログラム内容等、詳細は

http://kuif.jp/synthesis_knowledge/index.html にてご覧下さい。    

 

s-京大国際F京都大学国際フォーラムタイトル.jpg

日 程 20111015日(土)~16日(日)

場 所 京都大学百周年時計台記念館百周年記念ホール

定 員 300名  ※定員になり次第締め切ります。

参加費 無料

お申込み 参加登録フォーム または ファクス(075-753-7010 begin_of_the_skype_highlighting            075-753-7010      end_of_the_skype_highlighting)でお申し込み下さい。

言 語 日本語。一部英語(通訳なし)

【内容】

物質や生命、人間やこころ、環境の諸問題を地球規模、さらには宇宙スケールからも捉えなおし、それらの相互影響をどのように評価し理解するか?この「新たな知の統合」の試みは、緊急かつ重要な課題である。具体的には、東日本の巨大地震の仕組み、素粒子の世界、老化現象、こころの科学、教育の問題、環境中の微弱電磁場や放射線による健康影響、科学技術の展望、科学コミュニケーション、そして宇宙天気予報など、多岐にわたるテーマを扱いながら、学問や人類の置かれている現状を精査するとともに、明るい未来への展望に向けた提言をまとめたい。本国際フォーラムは、2日間とも広く一般に公開する。

受動喫煙防止対策-研究成果発表会

|

産業医科大学教授で厚生労働科学研究班主任研究員の大和 浩先生から、

受動喫煙防止対策研究成果の発表と条例に関するシンポジウム開催の案内を頂きました。(下記のとおり)

受動喫煙と健康影響の実態をデータで実証する調査研究の解説と、全国に先駆けて条例を施行し1年を経過した神奈川県の現状と問題点、これに続く兵庫県の取り組みを神戸市で開催するお知らせです。

 

参加申し込みは、各自、氏名と住所、所属欄に京都カナリヤ会と記入の上、お送り下さい。先見の取組みに学ぶ機会です。

 

 

         平成23年度 厚生労働科学研究

 

「飲食店等多数の者が利用する施設における受動喫煙対策の実態及び課題に関する研究 成果発表会と条例に関するシンポジウム開催の案内

 

開催日時:平成23923日(金・祝)

場  所:兵庫県医師会館 (三ノ宮駅から徒歩数分)

651-8555兵庫県神戸市中央区磯上通6丁目111

 TEL.078-231-4114

対  :: 全国主要121地方自治体、タバコ対策担当者、マスコミ担当者、

    医療関係者、一般市民

主  催:平成23年度厚生労働科学研究

      (主任研究員 大和 浩 産業医科大学 教授)

後  援:兵庫県、兵庫県医師会

    

参  加:無料  但し、事前に申し込み(先着200名)下記の要領にて。

 

●申込方法:研究班のホームページをご覧下さい。

      http://www.tobacco-control.jp/

●電子メールの場合は、担当(尾前:otomo@med.uoeh-u.ac.jp)に氏名と所属、居住地(都道府県名)を連絡して下さい。

FAXの場合は、申込用紙をダウンロードの上、

 事務局FAX: 093-602-6395 begin_of_the_skype_highlighting            093-602-6395      end_of_the_skype_highlighting まで。

 

  詳細は 研究班HPにてhttp://www.tobacco-control.jp/

 

  産業医科大学 産業生態科学研究所 健康開発科学研究室 大和 浩

  http://www.uoeh-u.ac.jp/kouza/kenko/intro_j.html
 〒807-8555
 北九州市八幡西区医生ヶ丘1
 
電話:093-691-7473 begin_of_the_skype_highlighting            093-691-7473      end_of_the_skype_highlightingFAX093-602-6395 begin_of_the_skype_highlighting            093-602-6395      end_of_the_skype_highlighting

 

京都府における受動喫煙防止条例の制定を要請する署名活動に御協力を御願いします。  http://www.keiseikai.net/kinen_form/index.php 
社会全体の喫煙対策:http://www.tobacco-control.jp/ 
職域の喫煙対策、ホルムアルデヒド対策:http://tenji.med.uoeh-u.ac.jp/ 
禁煙レストラン検索サイト:http://www.kinen-style.com/

ラジオ講座ネット放送のご案内

|

本日の最終回で 「カナリヤが安息できるきれいな空気」の施設の発表をいたしました。

京都ラジオカフェ
http://radiocafe.jp/

▼お勧めPodcast!!
カナリヤが安息できる空気質とは?
京都カナリヤ会~推薦場所を公表
http://797podcast2.seesaa.net/article/169495300.html

9月~11月まで、3回のラジオ講座は、上記のネット放送でお聴き戴けます。  

第1回
「住宅の室内空気質について」
近畿大学医学部講師 東 賢一さん

第2回
「学校と職場の空気質について」
京都大学名誉教授 内山巌雄 さん
近畿大学医学部講師 東賢一 さん

第3回「環境と生命について」~シックハウス症候群の体験を通じて~
京都大学基礎物理学研究所准教授 村瀬雅俊 さん

きれいな空気キャンペーン

|
きれいな空気キャンペーン


今年度の、京エコロジーセンターの助成対象事業として、【Kyoto Kanariya 2010 空気質向上キャンペーン】 を実施いたします。


<趣旨>

きれいな空気は、人間の健康にとって最も基本的な要素です。

世界中で1日あたり、8千人(年間約300万人)の人々が大気や室内の空気汚染によって死亡していると言われています。

またWHO(世界保健機関)は、年間約300万人の死亡者のうち、280万人が室内空気汚染が原因で死亡していると試算しています。

私たちが生活の半分以上を過ごす住宅室内の空気や、多様な生態系で構成される地球の大気において、汚染のない快適な空気を得るために、私たちは何をするべきか、社会全体で考える必要があります。


<事業内容>
京都カナリヤ会の今年度事業では、健康や環境に影響しない安全な空気質への認識を広めることを目指して、

1. 私たちの生活環境の保全に向けた啓発活動を行うとともに、
2. ラジオ講座で専門家の対談・講話を放送します。

■ ラジオ講座

ラジオ講座の放送日程は、以下のとおりです。

京都三条FMラジオカフェ(FM797)
9月19日(日) 午前 9:30-10:00
10月17日(日) 午前 9:30-10:00
11月21日(日) 午前 9:15-10:00

(9月~11月の第3日曜日に放送される3回の番組です)


放送後から3か月間は、インターネットでも随時お聴きいただけます。
(リンク先は、放送終了後に追記予定)
9月と10月は京都大学名誉教授の内山巌雄先生と近畿大学医学部の東賢一先生に、
11月は京都大学基礎物理学研究所准教授の村瀬雅俊先生に、お話をいただく予定です。


■ 空気質管理に優れた施設の推薦キャンペーン

啓発キャンペーン期間中(7月~11月)は、京都市内の公共的施設で空気質管理に優れた
施設の推薦を公募しています。

推薦施設には、私どもが巡回の上、化学物質に感度の高い人にも安息可能な施設として表彰・公表を予定しています。 (タバコや、芳香剤など揮発性有機化合物の室内濃度については、
状況に応じて測定機器を使用)

<施設例>
・役所、会館、図書館・駅 などの公共的施設
・ホテル・スーパーマーケット、レストランなど商業施設

施設の推薦は、下記FAXまたはメールにて、受け付けております。

FAX: 075-344-0465

メール: メールフォーム

(FAX・メールとも、【推薦者様の氏名】、【推薦する施設名】、【1~2行の簡単な推薦文】をお書き添えください)

京都カナリヤ会

京都カナリヤ会のWebサイト

月別 アーカイブ